Index

■通常モンスターの強化版

■ボスクラスのFOE

森林の巨大蝶(クエスト:シンリンチョウ討伐依頼)

■敵情報:森林の巨大蝶

HP攻撃防御
4481412
使用スキル効果部位グリモア
いらつく羽音 敵1体に頭封じ
火眠りの花粉 敵全体に睡眠付着

花求める蜂(クエスト:老いたる大富豪の花への願い)

■敵情報:花求める蜂

HP攻撃防御
1641712
使用スキル効果部位グリモア
毒針 敵1体に突攻撃 + 毒

怒りの火喰い鳥(クエスト:幸運のコイン)

■敵情報:怒りの火喰い鳥

HP攻撃防御
1,5642117
使用スキル効果部位グリモア
コロシップオーラ 敵全体の物理防御力ダウン
火炎の息 敵全体に炎属性攻撃 + 腕封じ

猛毒アゲハ(クエスト:害虫退治の依頼)

■敵情報:猛毒アゲハ

HP攻撃防御
211 24 17
使用スキル効果部位グリモア
毒の粉 敵1体に「毒」付着

殺人草(クエスト:執政院からの依頼T)

■敵情報:殺人草

HP攻撃防御
1,880 30 26
使用スキル効果部位グリモア
乱れ咬み 敵全体に斬攻撃

毒吐きミミズ(クエスト:探偵さんを探して)

■敵情報:毒吐きミミズ

HP攻撃防御
468 30 26
使用スキル効果部位グリモア
毒の息 敵1列に「毒」付着

誘われし水亀(クエスト:異国の客)

■敵情報:誘われし水亀

HP攻撃防御
2,5603733
使用スキル効果部位グリモア
ブレイクスピン 敵1列に壊攻撃 + 物理防御力ダウン
×
グラインダー 前後の敵を貫通する壊攻撃
×

夢より出でし者(クエスト:白き姫君は終末の夢を見るかU)

■敵情報:夢より出でし者

HP攻撃防御
6,650 57 42
使用スキル効果部位グリモア
鮮血の大爪 敵1列に斬攻撃 ×
力溜め 次のターンに限り物理攻撃力を倍増
昏睡への誘い 敵全体に「睡眠」付着
×

スラストバインド&グランバインド(クエスト:執政院からの依頼U)

■敵情報:スラストバインド

HP攻撃防御
1,635 63 44
使用スキル効果部位グリモア
ダブルスラスト 敵全体をランダムに2回突攻撃 ×

■敵情報:グランバインド

HP攻撃防御
2,200 60 40
使用スキル効果部位グリモア
捕縛の糸 敵全体の回避率ダウン + 頭+腕+脚封じ

ゴーレム(クエスト:冒険者の魂に安らぎあれ)

■敵情報:ゴーレム

HP攻撃守備
6,000 52 33
使用スキル効果部位グリモア
ロックハンマー 敵1体から左右に拡散する壊攻撃 腕技
トリプルハンマー 敵全体をランダムに3回壊攻撃 腕技
フラッシュ 敵全体に「盲目」付着 頭技 ×
パワーウォール 自身の物理攻撃力アップ 腕技 ×
フォースウォール 自身の属性防御力アップ 腕技 ×
リジェネ 自身のHPを毎ターン551回復 頭技 ×
(踏みとどまる) HPが0に生った際に一度だけHP3000で復活 ×

■はじめに

 クエストが発生した段階でゴーレムに挑むのは無謀です。挑むのであれば第四階層進入後に第四階層で入手できる素材で装備品を新調してからが妥当だと思われます。

■戦い方

 ゴーレムの攻撃は全て壊攻撃なので、全員に壊属性耐性を上げるアクセサリ「巨象の牙飾り」を装備させておきます。そして、戦闘が始まったら防御陣形と力祓いの呪言を使用し、なおかつパラディンのフロントガードで前列へのダメージ軽減を図ります。
 旧世界樹のゴーレムのように後列を集中して攻撃するということはないのでバックガードは不要です。

 ゴーレムには軟身の呪言が常にかかっているようにします。これさえ付けておけばパワーウォールやフォースウォールを使用されても即座に効果を相殺できます。

 ゴーレムはHPが0になった際に一度だけHP3000で復活します。復活後はリジェネを使い出すので、BOOSTして早めに倒すか、もしくはバードの沈静なる奇想曲で効果を打ち消すようにしてください。
 火の術式などの属性攻撃にハイランダーのスピアインボルブを組み合わせると大ダメージを与えられます。アルケミストの変性の術式で敵の属性防御力を下げておくとなお良し。バードの火幕の幻想曲などで敵の属性相性を下げて弱点を作るのも有効な手段です。

 特殊素材はゴーレムの腕部を封じた状態で倒すとドロップします。

アルルーナ(クエスト:華は無慈悲な森の女王)

■敵情報:アルルーナ

HP攻撃守備
22,000 70 52
使用スキル効果部位グリモア
フレイムサイ 敵1体から左右に拡散する炎属性攻撃
×
フロストスマイル 前後の敵を貫通する氷属性攻撃 + スタン 頭技
ライトニング 敵全体に雷属性攻撃 + 頭封じ
テンタクルビート 敵全体をランダムに複数回壊攻撃(3〜5HIT)
太古の呪粉 敵全体にいずれかの状態異常を付着(テラー、盲目、呪い) 頭技 ×
ヴァンパイアキス 敵1体に攻撃 + HP吸収(吸収量は与えたダメージの2倍)
×
スパイダーリリイ 敵1体を即死させる
×

■はじめに

 クエストが発生した段階でアルルーナに挑むのは無謀です。
 挑む目安となるレベルは60前後。最低でも第五階層で製作できる武具を揃えてからが望ましいです。

■戦い方

 まず、戦闘開始前にテンタクルビート対策として全員に壊属性耐性を上げるアクセサリ「巨象の牙飾り」を装備させておきます。また、探索準備でジンジャーライフの効果を付けて最大HPを上げておきます。
 アルルーナ戦では役割分担をはっきり決めておいた方が良いです。攻撃役2名、パラディン1名、回復役1名、サポート1名の割合が良いと思われます。(回復役とサポート役を兼任させるとサポートまで手がまわらないことが多々あった)

 アルルーナ戦で最も厄介なスキルといえる太古の呪粉は6の倍数ターンに使用してきます。ただし、アルルーナのHP残量が20%以下になると該当ターンになっても使わないことが多いです。
 これを確実に防ぐ手段はありません。ただ、試してみた限りでは、DEFENCEさせることにより状態異常を防ぐ確率が上がる気がします。何もしないよりは遙かにマシなので、6の倍数ターンは全員DEFENCEさせて太古の呪粉に備えましょう。
 ここで注意する点が1つ。6の倍数ターンというと5ターン持続する強化/弱体化がちょうど効果切れになるターン数でもあります。このことを考慮し、強化/弱体化スキルを6の倍数ターンの1つ前のターンにかけ直すようにすると良いです。

 アルルーナは、自身のHP残量が50%以下になるまでは、主にフレイムサイ、フロストスマイル、テンタクルビートで攻撃してきます。
 戦闘が始まったら絶耐ミストと耐熱ミストを使用し、フレイムサイとテンタクルビートのダメージを軽減します。耐熱ミストを使用するのは行動速度の速いキャラが良いです。また、パラディンでフリーズガードを毎ターン使用し、フロストスマイルを無効化してスタンによる行動不能を回避します。
 攻撃面では、アルケミストの炎属性攻撃とハイランダーのスピアインボルブを組み合わせるなどして大ダメージを与えましょう。
 他に力祓いの呪言や軟身の呪言で敵の能力を下げると戦いを有利に進められます。

 アルルーナのHP残量が50%以下になったと判断したら、今度はパラディンでショックガードを毎ターン使用してライトニングを無効化します。フレイムサイとフロストスマイルについては、この時期はまず使ってこないので無視して良いです。ただし、テンタクルビートは使用するので絶耐ミストの効果はきらさないようにしてください。

 アルルーナのHPバーが赤ゲージになると太古の呪粉以外のスキルをランダムで使用しはじめます。
 パラディンは引き続きショックガードでライトニングを無効化。再び使用しはじめるフレイムサイとフロストスマイルについては、耐熱ミストでフレイムサイのダメージだけ半減するか、もしくは医術防御で対応します。
 スパイダーリリイによる即死については無理に防ごうとはせずに、戦闘不能に陥ってもすぐに戦線復帰させられるようにネクタルUを2〜3個用意しておくと良いです。
 この頃になるとアルルーナはヴァンパイアキスを多用し、HPを回復します。BOOSTして大きいダメージを与え、早めに倒すようにしましょう。

 特殊素材はアルルーナが睡眠状態の時に倒すとドロップします。

マンティコア(クエスト:封印の獣)

■敵情報:マンティコア

HP攻撃守備
13,000 52 40
使用スキル効果部位グリモア
ダークネイル 敵全体に斬攻撃 + 盲目/呪い
ポイズンテイル 敵全体に突攻撃 + 毒(170dmg前後) 脚技
魔の子守唄 敵全体に一定確率で「睡眠」か「テラー」付着
ペトロボイス 敵全体に一定確率で「混乱」か「石化」付着
×
(オートガード) 自身へのダメージを自動的に半減する ×

■戦い方

 マンティコアは状態異常攻撃を多用する相手です。
 ステータス値だけみれば第五階層に出現する強めの敵と同程度なのでクエストが発生した時点でも戦えますが、マンティコアは高頻度でオートガードを発動させてダメージを半減するため、HPは実際よりも多い2万程度と見込んで戦った方が良いです。

 どの状態異常が嫌と感じるかは人によって異なるので難しいところですが、全員にアクセサリ「毒祓のタリスマン」を装備させて毒だけでも完全に防ぐようにすると戦闘が楽になります。逆に毒祓のタリスマンを装備せずに戦うのであれば最大HPは最低でも300は欲しいところです。
 状態異常で回復役が思うように動けない時のために、テリアカβ、ソーマプライムは多めに用意しておくと安心です。また、敵の物理攻撃が強いと感じたら絶耐ミストを使ってダメージを軽減してください。

 特殊素材はマンティコアが盲目状態の時に倒すとドロップします。

偉大なる赤竜(クエスト:其の紅き者に触れるな)

■敵情報:偉大なる赤竜

HP攻撃守備
45,000 95 64
使用スキル効果部位グリモア
ファイアブレス 敵全体に炎属性攻撃
火竜の猛攻 自身の物理・属性攻撃力アップ
ドラゴンクロー 敵1列を斬攻撃 + 腕封じ
とどろく咆哮 敵全体の攻撃力ダウン + 混乱
×
火竜の激震 敵全体に攻撃 + 脚封じ
×
ドラゴンビート 敵全体をランダムに攻撃
×

■戦い方

 まず、とどろく咆哮により回復役とパラディンが混乱状態に陥ると困るので、これらのキャラには混乱を無効化するアクセサリ「乱祓の帯」を装備させてください。可能ならば全員に装備させておくと面倒がなくて良いです。
 他に、事前に用意しておくと良いものは次の通りです。

  • 力祓いの呪言(敵の攻撃力ダウン効果を持つスキル)かラウダナム
  • 猛き戦いの舞曲(味方全体の攻撃力上昇効果を持つスキル)かウニコニル
  • 絶耐ミスト 数個
  • テリアカα 数個

 赤竜はファイアブレスを1ターン目に必ず使用し、以後はとどろく咆吼を使用した次のターンに使用します。これらのターンには必ずファイアガードを使用し、ファイアブレスを無効化してください。
 ドラゴンクローでパラディンの腕が封じられた場合はすぐにテリアカαで解除すること。

 赤竜のファイアブレス以外の攻撃は、絶耐ミスト、防御陣形、力祓いの呪言でダメージを軽減します。パラディンが暇を持て余しているようならばフロントガードで前列へのダメージを軽減すると安定します。
 赤竜に力祓いの呪言をつけておけば火竜の猛攻を使われた際に即座に効果を相殺できるので、力祓いの呪言の効果はきらさないようにしてください。

 赤竜はHPが45000と多いため、長期戦になる恐れがあります。アムリタUを多めに用意しておき、回復役やパラディンがTP切れを起こさないように注意して戦ってください。
 とどろく咆哮により味方の攻撃力を下げられるとダメージをほとんど与えられなくなるので、前もって猛き戦いの舞曲(他にデビルクライなど)を使用しておき効果を相殺するか、ラウダナムを使用して効果を打ち消してください。
 なお、猛き戦いの舞曲でとどろく咆哮の効果を相殺したとしても、これに付随する混乱は無効化できません。

 特殊素材は偉大なる赤竜を炎属性攻撃で倒すと落とします。純粋な炎属性攻撃ではトドメを刺すのが難しいので、物理+炎属性の攻撃でトドメを刺すようにすると良いです。

氷嵐の支配者(クエスト:永遠の蒼は其処に在りし)

■敵情報:氷嵐の支配者

HP攻撃守備
35,000 90 65
使用スキル効果部位グリモア
アイスブレス 敵全体に氷属性攻撃
氷河の再生 自身のHPを毎ターン約2000回復
三連牙 敵全体をランダムに3回の斬攻撃

クラッシュアーム 敵全体に壊攻撃 + 頭封じ
×
ミラーシールド 敵の攻撃を無効化し、敵全体を攻撃(属性は不明だが物理攻撃) 腕技 ×
劈く叫び 敵全体の物理防御力ダウン + 睡眠
×

■戦い方

 まず、劈く叫びにより回復役とパラディンが睡眠状態に陥ると困るので、これらのキャラには睡眠を無効化するアクセサリ「眠祓の鏡」を装備させてください。可能ならば全員に装備させておくと面倒がなくて良いです。
 他に、事前に用意しておくと良いものは次の通りです。

  • ラウダナム(必須!
  • 防御陣形(物理防御力上昇効果をもつスキル)
  • 絶耐ミスト 数個
  • テリアカα 数個

 氷竜はアイスブレスを1ターン目に必ず使用し、以後は劈く叫びを使用した次のターンに使用します。これらのターンには必ずフリーズガードを使用し、アイスブレスを無効化してください。

 氷竜は4の倍数ターンにミラーシールドを使用します。ミラーシールド使用ターンに攻撃するとカウンターで大ダメージを受けるので、4の倍数ターンは絶対に攻撃しないこと。ハイランダーのディレイチャージのように使用したターンと発動するターンが異なる攻撃スキルを使う場合は特に注意が必要です。
 氷竜がミラーシールドを使用するターンは攻撃できない反面攻撃されないターンでもあります。回復作業や強化・弱体化スキルのかけなおし、グリモア生成アイテムの使用はこの時に行うといいです。
 なお、アイスブレスとミラーシールドの使用ターンが被った場合はアイスブレスが優先されます。

 氷竜のファイアブレス以外の攻撃は、絶耐ミスト、防御陣形、力祓いの呪言でダメージを軽減します。ただし、三連牙の威力は高めなので、パラディンでフロントガードを使用し、前列へのダメージだけでも軽減するようにしてください。
 なお、防御陣形で劈く叫びの効果を相殺したとしても、これに付随する睡眠は無効化できません。

 氷竜はHPバーが赤ゲージになると氷河の再生を使用します。放っておくとどんどんHPを回復されてしまうので、ラウダナムを使用してすぐに効果を打ち消してください。

雷鳴と共に現る者(クエスト:墓標に眠る、金色の蛇)

■敵情報:雷鳴と共に現る者

HP攻撃守備
25,000 85 60
使用スキル効果部位グリモア
サンダーブレス 敵全体に雷属性攻撃
竜の鉄槌 敵全体に壊攻撃 + 麻痺 脚技
呪縛の円舞 敵全体に頭+腕+脚封じ 脚技
古竜の呪撃 前後の敵を貫通する攻撃 + HP吸収
×
呪われし遠吠え 敵の全強化消去 + テラー/呪い付着
×

■戦い方

 まず、呪われし遠吠えにより回復役とパラディンがテラー状態に陥ると困るので、これらのキャラにはテラーを無効化するアクセサリ「恐祓のピアス」を装備させてください。そして、攻撃役(2名)には呪いを気にせずに攻撃できるようにアクセサリ「呪祓の法石」を装備させ、残る1名(麻痺回復役)にはアクセサリ「痺祓アンク」を装備させておくと安定します。麻痺対策として回復役に黄金の靴を装備させておいても良いですが、防御力が下がりすぎるのでお勧めはできません。
 他に、事前に用意しておくと良いものは次の通りです。

  • 絶耐ミスト 数個
  • テリアカα 数個
  • テリアカβ 数個

 雷竜はサンダーブレスを1ターン目に必ず使用し、以後は呪われし遠吠えを使用した次のターンに使用します。これらのターンには必ずショックガードを使用し、サンダーブレスを無効化してください。
 なお、呪われし遠吠えを受けると味方の強化は全て消されるので、次のサンダーブレス使用ターンに絶耐ミストだけでも使用しなおしてください。

 雷竜は三竜の中では最もHPが少ないですが、状態異常に封じと最も対策を取りづらい相手でもあります。
 パラディンが腕封じや麻痺状態に陥った場合は最優先で治療するようにしてください。

F.O.E攻略

Copyright (C) 2013 Privespa All Rights Reserved.