Index

迷宮の歩き方

■まずは入口付近で様子見

 新たな迷宮やフロアに足を踏み入れたら、まずは入口周辺で様子見。その場所にどのようなモンスターが出現するのかを確認しよう。そして、出現したモンスターと戦って冒険者のレベルを上げよう。

 最初のうちは通常バトルでもギリギリの戦いになりがち。モンスターとの戦いで消耗したら街に戻り、宿に泊まって回復すること。無理は禁物。

●モンスター図鑑を活用しよう

 一度倒したモンスターは、モンスター図鑑に情報が記載される。これには、モンスターのパラメータ、使用スキル、ドロップする素材、属性相性が載っている。
 モンスター図鑑は、戦闘中の画面の他に、ラガード公宮で閲覧可能。属性相性欄を見て敵の弱点を把握し、戦いを優位に進めよう。

■少しずつマップを埋めていこう

 モンスターとの戦いに慣れてきたら、今度は少しずつ探索範囲を広げていこう。イベントポイントや採集ポイントなどが見つかるかもしれない。

 探索した場所はマップを描いて記録する。面倒ならオートマップ機能を使っても構わない。

■シトト交易所で新たな武具を製造しよう

 モンスター討伐や採集で得た素材アイテムを街のシトト交易所に売却すると、新たな武器や防具が販売されることがある。

 モンスターを倒す → 素材を得る → 新たな武具を作る → さらに強いモンスターを倒す、というのがこのゲームの流れ。
 冒険者のレベリングも大事だが、装備面の強化も大事。迷宮で様々な素材を入手し、新たな武具を作り出そう。

■アリアドネの糸を持ち歩こう

 メインストーリーを進めると、街の商店で『アリアドネの糸』というアイテムを購入できるようになる。
 このアイテムは、使用することで迷宮から街に帰還できるアイテム。迷宮の奥深くから歩いて帰るのは大変だし、疲弊したところに敵と遭遇して全滅する恐れもある。必ず1個は持ち歩くように心がけよう。

マップの描き方

■まずはオンラインマニュアルを見よう!

 マップの描き方うんぬんの前に、まずは公式サイトにある「オンラインマニュアル」から「マップ製作」の項目をチェック。地図アイコンの使い方を覚えよう。

■マップ作成の基本

 マップの描き方は、「踏破したマスを塗る」「壁の部分に線を引く」「イベントポイントにマップアイコンを置く」の3つで成り立っています。

 初期設定では自分の歩いたマスが自動的に塗られるようになっていますが、これはオプション画面の「AUTO MAP」で変更可能です。自分の遊び方に合わせて変更しましょう。

●地図作成ミッション/クエスト時の注意点

 クエストやミッションで地図を描くように指示されることがありますが、この場合、マスを塗りつぶすだけではなく線も引く必要があります。また、実際に踏破していないといけません。
 「地図を描いたのにクエストが終わらないんだけど・・・」という場合は、この点を見直してください。

■マップ描写画面の拡大率を変更しよう

 あまりゲーム内の画像を使いたくないけど、うまく説明できないのでお借りします。


©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

 上の画像で赤線で囲ってある部分にあるアイコンがマップ描写画面の拡大・縮小ボタン。これを押すことで拡大率を4段階で変更できます。
 この機能を利用して自分の描きやすい拡大率に変更してください。
 これに気づくまで本当に描きづらかった・・・。

■参考:マップアイコンの使い方

 ゲーム内の画像をお借りしたついでに、私のマップアイコンの使い方を例として紹介します。

閉じた扉メモイベント
上り階段下り階段小イベント謎ポイント
採取伐採採掘宝箱
抜け道(一方通行)や移動床など
抜け道(相互通行)FOE落とし穴
四葉印をつける印をつけるテント

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

  • 「メモ」アイコンは、置いた場所にコメントを自分で入力できます。
  • 「四葉」のアイコンは、DS版世界樹の迷宮では宝箱アイコンとして使っていた記憶。(当時は宝箱アイコンがなかった)
  • 「テント」のアイコンは、俺がプレイした世界樹シリーズの中では見たことがないアイコンなので、世界樹3用のものかも。HP&TPの回復ポイント用のアイコンとして使ってます。

 この他に、ワープポイントは床を黄色に、ダメージ床は床を赤色に塗って区別しています。

■参考:私のマップの描き方

 私の場合、下記の手順で描いています。

#1.オートマップ機能を用いて自分が歩いたマスを塗りつぶす

マップの描き方1

 床を塗るのが面倒なので、この部分はオートマップに頼っています。ダメージ床がある場所などは、色を変えて床を塗りなおします。

#2.きりの良いところで壁部分に線を引く

マップの描き方2

 分かれ道や行き止まり、イベントポイントに到達したら、そこまでの壁部分に線を引きます。
 分かれ道に到達した際には、あとで見てわかりやすいように、分れ道入口の壁も一緒に描いておくと良いです。(上図参考)

#3.階段や扉、イベントポイントなどにマップアイコンを置く

 必要ならばコメントアイコンを置いてコメントを入れます。
 ちなみに私は、階段や扉、宝箱を線でぐるりと囲む派です。どうでもいいことですが。

■マップ作成時の注意点

 マップを作成するうえで最も注意しないといけないこと。それは、思い込みや勢いで線を引かないことです。

 これはある冒険者の話ですが、彼はまだ先へ進む道があるにも関わらず、不用意に線を引いてマップ上に行き止まりを作りました。
 その後、彼は自分の描いたマップを見てそこから先には進めないと思い込み、その先の探索が行われることはありませんでした。
 そして、ゲーム終盤。いつまで経っても埋まらないマップの空白地の存在を疑問に思った彼は、再度その周辺を探索しなおし、自らの犯したミスにようやく気付いたのでした。
 まあ、新世界樹1の時の私なんですが。
 なにはともあれ気を付けましょう。

採集ポイントで素材アイテムをゲット

■採集ポイントで素材アイテムを集めよう

 迷宮内には素材アイテムを入手できる採集ポイントがある。

●採集ポイントの種類

 採集ポイントは、「伐採」「採掘」「採取」の3つの種類があり、伐採ポイントならば木材、採掘ポイントならば鉱石、採取ポイントならば薬草が入手できる。

●採集に必要なスキル

 採集ポイントで素材アイテムを入手するには、採集ポイントの種類に応じた採集スキルが必要となる。
 伐採ポイントなら「伐採」、採掘ポイントなら「採掘」、採取ポイントなら「採取」のスキルを習得した冒険者がパーティーにいないと素材を入手できない。

 世界樹の迷宮2では、「野生の勘」という採集スキルが追加された。このスキルは、新クラスのペットが習得可能で、伐採、採掘、採取の各採集ポイントで1レベルにつき1回ずつ採集できる。

●1日に採集可能な回数

 1日に採集可能な回数は、パーティー内の冒険者が習得している各採集スキルの採集可能回数の合計となります。
 例えば、採取 Lv.3(採取回数3回)を持つ冒険者が2人いるとしたら、1日に採取可能な回数は6回です。

 1日当たりの最大採集可能回数とその日の採集可能な残り回数は、CAMP画面から確認することができます。(右上の方に「伐採 〇/〇」という具合に表示されている)

 採集可能な回数は、全ての採集ポイントが対象です。各採集ポイントごとではありません。
 例えば、採取可能回数が20回であれば、全ての採取ポイントを対象に最大20回まで採集できます。

●採集可能回数がリセットされるタイミング

 採集可能回数は、AM 0:00になった時点でリセットされます。

●黄色い素材アイコンの素材について

 素材の中には素材アイコンの色が黄色のものがあります。

特別な素材の説明図

 この黄色い素材アイコンの素材は、在庫数が設けられている素材です。

 これらの素材を製作に用いる薬やアイテムを購入するたびに在庫の数が減っていき、製作に必要な素材の在庫がなくなると品切れ状態(NEED MORE)になります。

 再び素材を入手してシリカ商店に売却すれば売った分だけ在庫数が増えるので、在庫がなくなったら補充しましょう。

■素材アイテムを売ってお金を稼ごう

 このゲームは、敵モンスターを倒してもお金が手に入りません。では、どうやってお金を稼ぐのかというと、モンスター討伐や迷宮内の採集ポイントで得た素材アイテムを売って稼ぎます。

 基本的にモンスター討伐よりも採集で得た素材アイテムの方が高く売れるので、街と採集ポイントを行き来してお金を稼ぐと良いです。

■採取素材は回復薬としても使える

 世界樹の迷宮2から、採取ポイントで採れる素材の一部は回復薬として使用できます。
 例えば、第一階層の場合、「小さい花」はHPを10回復、「すっぱい実」はTPを5回復する効果を持っています。

 交易所で売られている回復薬と比べると効果は小さいですが、TP回復薬は序盤では販売されていないため、重宝します。
 覚えておくと役に立つ時がくるかもしれません。

■**ああっと**

 世界樹の迷宮2の場合、採集中に低確率で敵が出現することがあります。
 この戦闘では、その階層で最も強いモンスターが出現し、必ず敵側の先制で戦闘が始まります。戦闘から逃げることは可能なので、遭遇したらとっとと逃げましょう。

●**ああっと**に対する自衛手段

  • 探索と採集は分けておこなう。探索中の採集は全滅の原因となりうる。
  • 採集前には全滅しても良いようにセーブする。

 **ああっと**が出るたびに「またか・・・」とため息が出る。それが世界樹2。

■参考:採集スキルと所持クラス

スキル 所持クラス
伐採
  • レンジャー
  • ダークハンター
  • アルケミスト
  • バード
  • ドクトルマグス
採掘
  • レンジャー
  • ソードマン
  • パラディン
  • ブシドー
採取
  • レンジャー
  • メディック
  • カースメーカー
  • ガンナー
野生の感
  • ペット

君は○○してもいいし、しなくてもいい

■小イベントを楽しもう

 迷宮を探索していると小イベントが発生し、選択を迫られることがあります。例えば、「木の実を食べるか食べないか」とか「物音がする茂みに近づくか立ち去るか」というものです。

 これらの小イベントで選んだ選択肢がメインストーリーに影響を及ぼすことはまずないので、自分の判断で答えを選んでいきましょう。その方がきっと面白いです。

 小イベントは、通路の行き止まりで発生することが多いです。

○小イベント例

  • 落し物に近づいたら敵モンスターが現れ、戦闘になった
  • 木に登ったら足を滑らせて落下、ダメージを受けたがアイテムが手に入った
  • リスに近づいたらリスーーってなった
  • 何か起こると期待して黙々とザリガニを釣りに興じていたが、結局何も起こらなかった

FOEに注意

■FOEって?

 迷宮内に出現するモンスターのうち、一部のモンスターは迷宮内に目に見える形で存在します。それがFOE(Field on Enemy)です。

 FOEは、通常エンカウントする敵モンスターよりも数段階強く、戦って倒すのは困難。基本的にはFOEとの戦闘を避けて迷宮を探索をすることになります。

■FOEの行動パターンを見極めよう

 一概にFOEといっても種類も行動パターンも様々。決められた道を巡回しているだけのFOEもいれば、こちらを発見すると追いかけくるFOEもいます。
 FOEの行動パターンを見極め、FOEとの戦闘を回避しよう。

■FOEは復活する

 FOEは、倒しても数日後(目安としては7日後か14日後)には復活します。(※復活しないFOEも一部存在します)

■FOEを倒しても経験値は得られない

 世界樹の迷宮2では、FOEを倒しても経験値を得られません。
 各階層のボスからは今まで通り経験値を得られます。

抜け道を探そう

■抜け道って?

 迷宮内には、一見するとただの壁だが、通り抜けられる場所があります。それが抜け道です。
 抜け道は、ショートカット(近道)として利用できるように作られているので、見つけられれば迷宮内の移動がぐっと楽になります。

■抜け道の入口側と出口側

 抜け道には入口側と出口側があります。
 最初は出口側から抜け道に入ることはできませんが、入口側から一度通り抜けると抜け道が開通したことになり、以後は出口側からも通り抜けられるようになります。
 抜け道の発見は、入口側、出口側のどちら側からでも可能です。

 出口側から抜け道を発見すると「通り抜けられそうだが、こちらからでは無理そうだ」という内容のメッセージが表示されます。逆に言えば「抜け道の入口は壁の向こう側です」ということになるので、忘れないようにマップに印をつけておきましょう。

 例外として、一方通行の抜け道の場合は、出口側からは発見できず、入口側からのみ発見・通過が可能です。

■抜け道の探し方

 抜け道の探し方ですが、周囲の壁をこまめに調べるしかありません。壁の方を向いて横歩きしながら調べるのも良いでしょう。

 抜け道のある場所ですが、ある程度は見当をつけられます。

  • そのフロアの入口周辺、もしくは入口周辺に通じるルート上にある。(ショートカット目的の抜け道)
  • FOEがいる区画を抜けた先。
  • マップの空白地帯周辺。(隠し部屋への抜け道)

ゲーム内の時間

■朝・昼・晩の時間帯


時間
AM 7時 〜 AM 9時
AM 10時 〜 PM 3時
夕方 PM 4時 〜 PM 6時
PM 7時 〜 AM 6時
早朝 AM 5時 〜 AM 6時
  • 迷宮内の移動や戦闘で30ターン経過すると1時間進む。(1歩=1ターン)
  • 宿屋で寝ると、朝、もしくは夜まで時間を進めることができる。
  • 採集ポイントが復活するのはAM0時。
  • 早朝は夜の時間帯に含まれる。ただ、クエストで「早朝」と時間指定されたらこの時間帯。

■昼と夜の違い

  • 迷宮内の明るさ。
  • 昼間のみ、または、夜間のみに出現するモンスターがいる。(世界樹2では出現時間限定の敵はいない)
  • 主にクエスト絡みだが、イベントポイントで発生するイベントに変化が起きることがある。

新米冒険者の手引き

Copyright (C) 2018 Privespa All Rights Reserved.