Index

フォレスト・セル(STORYモード)

■敵情報:フォレスト・セル

HP攻撃守備
90,000
使用スキル効果部位グリモア
エクスプロウド 敵全体に炎属性攻撃
×
フリージング 敵全体に氷属性攻撃
×
サンダーストーム 敵全体に雷属性攻撃
×
ランドスラッシュ 敵1体に複数回の斬攻撃 腕技 ×
デモンズラッシュ 敵全体をランダムに複数回の突攻撃(3〜5HIT) 腕技
サイクロンルーツ 敵全体に壊攻撃 脚技 ×
ネクローシス 敵全体を一定確率で即死させる
×
セグメント 自身のHPを回復
×
アクティベイト 状態異常の付着率上昇 頭技
エンタングルレイ 敵全体の頭+腕+脚封じ
×

■戦闘前の準備(一戦目、二戦目共通)

 ネクローシスの即死対策としてアクセサリ「クリスタルアイ」か「天使の盾」を全員に装備させておきます。他に絶耐ミストを5〜6個用意しておいてください。

■戦い方(一戦目)

 HP残量が赤ゲージの状態から戦闘がはじまります。
 フォレスト・セルは1ターン目に通常攻撃、2ターン目にエクスプロウドを使用するので、エクスプロウドをファイアガードで防ぎます。
 2ターン目以降の行動パターンは決まっていないようなので、普通に戦ってください。敵の攻撃が厳しいと感じたら絶耐ミストを使用しましょう。
 二戦目が始まる前にHPとTPは全回復するので、その辺は気にする必要ありません。

■戦い方(二戦目)

 フォレスト・セルは1ターン目にネクローシス、2ターン目にエクスプロウドを使用するので、エクスプロウドをファイアガードで防ぎます。
 2ターン目以降の行動パターンに法則性はないようなので、絶耐ミストの効果を切らさないように注意しながら戦えば良いでしょう。

魔界の武王

■敵情報:魔界の武王

HP攻撃守備
16,400 87 63
使用スキル効果部位グリモア
火炎の息 敵全体に炎属性攻撃 + 腕封じ 頭部

■戦い方

 ファイアガードで火炎の息を無効化し、腕を封じられないようにする。

 特殊素材は魔界の武王を物理攻撃で倒すと落とします。

鮮血の担い手

■敵情報:鮮血の担い手

HP攻撃守備
14,400 86 57
使用スキル効果部位グリモア
雷走り 敵全体に雷属性攻撃+ 麻痺
(仲間を呼ぶ) ルーカサイトを2体召喚 ×

■戦い方

 ショックガードを毎ターン使用して雷走りを無効化する。また、ルーカサイトを呼び出されてもすぐに倒せるように全体属性攻撃スキルを毎ターン使用する。

 特殊素材は鮮血の担い手が混乱した状態で倒すと落とします。

深淵を舞う者

■敵情報:深淵を舞う者

HP攻撃守備
14,200 88 55
使用スキル効果部位グリモア
悪魔のクチバシ 敵全体に突攻撃 + 盲目
(仲間を呼ぶ) レッドコースパルを2体召喚 ×

■戦い方

 深淵を舞う者は2体一組で配置されています。一方と戦っているともう一方がすっとんできて乱入するので、深淵を舞う者と戦う際には素速く倒す必要があります。また、戦闘中にレッドコースパルを2体召喚するので、これを一撃で倒せる攻撃力は欲しいです。従って、深淵を舞う者と戦うにはある程度のレベル(Lv80以上推奨)と高威力の物理攻撃スキルが必要となります。
 なお、深淵を舞う者は倒しても数ターン後には外壁から再登場します。そして、明滅弾による乱入防止はできません。

 悪魔のクチバシの威力がとにかく高いので、全員に突属性耐性を上げるアクセサリ「アリゲーターマント」を装備させておきます。さらに戦闘中は絶耐ミストと防御陣形を使用してダメージ軽減を図ります。盲目を一発で直せるようにリフレッシュLv10を覚えておくと良いです。
 いつレッドコースパルを呼ばれても良いように、味方2人は全体物理攻撃スキルを毎ターン使用し、レッドコースパルが呼ばれたらそのターンのうちに倒すようにします。この時に物理攻撃力を上昇させるスキル(猛き戦いの舞曲やデビルクライ)があると便利です。

 特殊素材は、説明文から察するに、深淵を舞う者の頭・腕・脚を全て封じた状態で倒すと落とすと推測できます。ただし、深淵を舞う者を相手に3点全て縛るのは非常に難しいので、ここは解剖水溶液を使用したほうが良いでしょう。

とこしえの魔竜

■敵情報:とこしえの魔竜

HP攻撃守備
18,504 90 62
使用スキル効果部位グリモア
恐怖の竜牙 敵全体に斬攻撃 + テラー 頭技
死滅の眼光 敵1体を一定確率で即死 頭技

■戦い方

 挑むのであればレベル80以上推奨。
 恐怖の竜牙でテラーが付着するとどうしようもなくなることが多いので、テラー対策として全員にアクセサリ「恐祓のピアス」を装備させて挑んだ方が良い。そして、絶耐ミストと防御陣形、力祓いの呪言を使用してダメージを軽減する。
 死滅の眼光による即死はどうしようもないので、ネクタルUを多めに用意しておきましょう。

 特殊素材はとこしえの魔竜を石化させると落とします。

炎竜クローン

■敵情報:炎竜クローン

HP攻撃守備
20,000 90 62
使用スキル効果部位グリモア
ファイアブレス 敵全体に炎属性攻撃
ドラゴンクロー 敵1列を斬攻撃 + 腕封じ
ドラゴンビート 敵全体をランダムに攻撃
×

■戦い方

 炎竜クローンは1ターン目と5の倍数ターンにファイアブレスを使用するので、これをファイアガードで無効化します。パラディンの腕を封じられてファイアガードを使えないことがないように、パラディンにはアクセサリ「化石の首飾り」を装備させておくと良いです。

 特殊素材は炎竜クローンを斬攻撃で倒すと落とします。

氷竜クローン

■敵情報:氷竜クローン

HP攻撃守備
18,000 86 63
使用スキル効果部位グリモア
アイスブレス 敵全体に氷属性攻撃
三連牙 敵全体をランダムに3回の斬攻撃

クラッシュアーム 敵全体に壊攻撃 + 頭封じ
×

■戦い方

 氷竜クローンは1ターン目と5の倍数ターンにアイスブレスを使用するので、これをフリーズガードで無効化します。

 特殊素材は氷竜クローンを突攻撃で倒すと落とします。

雷竜クローン

■敵情報:雷竜クローン

HP攻撃守備
16,000 84 59
使用スキル効果部位グリモア
サンダーブレス 敵全体に雷属性攻撃
竜の鉄槌 敵全体に壊攻撃 + 麻痺 脚技
古竜の呪撃 前後の敵を貫通する攻撃 + HP吸収
×

■戦い方

 雷竜クローンは1ターン目と5の倍数ターンにサンダーブレスを使用するので、これをショックガードで無効化します。竜の鉄槌による麻痺対策として全員にアクセサリ「痺祓アンク」を装備させておくと良いです。

 特殊素材は雷竜クローンを壊攻撃で倒すと落とします。

フォレスト・セル(裏ボスVer)

■敵情報:フォレスト・セル

HP攻撃守備
90,000 99 75
使用スキル効果使用部位グリモア
エクスプロウド 敵全体に炎属性攻撃
×
フリージング 敵全体に氷属性攻撃
×
サンダーストーム 敵全体に雷属性攻撃
×
ランドスラッシュ 敵1体に複数回の斬攻撃 腕技
デモンズラッシュ 敵全体をランダムに複数回の突攻撃 腕技 ×
サイクロンルーツ 敵全体に壊攻撃 脚技 ×
ネクローシス 敵全体を一定確率で即死させる
×
セグメント 自身のHPを回復
×
アクティベイト 状態異常の付着率上昇 頭技
エンタングルレイ 敵全体の頭+腕+脚封じ
×
太古の呪粉 (NEW) 敵全体に状態異常のいずれかを付着
×
セルメンブレン (NEW) 敵の攻撃を全て無効化し、敵全体に反撃する
×
王の威厳 (NEW) 敵全体の全強化を消去
×
ハルマゲドン (NEW) 敵全体に無属性攻撃

■敵の攻撃への対処法

使用スキル対処法
エクスプロウド ファイアガードで無効化
フリージング フリーズガードで無効化
サンダーストーム ショックガードで無効化
ランドスラッシュ パラディンで渾身ディフェンス→パワーディバイド
デモンズラッシュ パラディンで渾身ディフェンス→パワーディバイド
サイクロンルーツ 全員光掌の術式を使用して無効化
ネクローシス 全員クリスタルアイを装備しておく
セグメント (攻撃モードの切り替わりの合図)
アクティベイト 使用ターンに解除の光やラウダナムを使用し、即座に打ち消す
エンタングルレイ 使用ターンにサイモンでバインドリカバリを使用し、即解除を試みる
太古の呪粉 使用ターンにサイモンでリフレッシュを使用し、即回復を試みる
毒王のグリモアを所持している場合は大蛇の痘苗で無効化する
セルメンブレン 絶対に攻撃しては駄目!
王の威厳
ハルマゲドン ブースト→ディフェンス

■はじめに

 フォレスト・セルに挑むレベルは90以上推奨。スキルポイントの面からレベル70以上で一度転職していることが望ましいです。

■戦闘前の準備#1 チーム編成と隊列

キャラクター クラス 隊列
主人公 ハイランダー 前列
ラクーナ パラディン 後列
サイモン メディック 後列
アーサー アルケミスト 前列
フレドリカ ガンナー 後列

■戦闘前の準備#2 習得スキル

キャラクター 習得スキル グリモアのスキル
主人公
  • 槍マスタリー Lv.10
  • スピアインボルブ Lv.10
  • HPブースト Lv.10
  • ATKブースト Lv.10
  • DEFブースト Lv.10
  • 槍マスタリー
  • 術式マスタリー
  • 光掌の術式
  • 光掌の術式II
  • 精神集中
  • 定量分析 Lv.10
ラクーナ
  • 盾マスタリー Lv.10
  • ファイアガード Lv.5
  • フリーズガード Lv.5
  • ショックガード Lv.5
  • 渾身ディフェンス Lv.10
  • パワーディバイド Lv.10
  • パリング Lv.10
  • オートガード Lv.10
  • HPブースト Lv.10
  • DEFブースト Lv.10
  • 盾マスタリー
  • 光掌の術式
  • 光掌の術式II
  • リチャージ
  • 変性の術式
  • 解除の光
  • 装備ボーナス:杖
サイモン
  • 回復マスタリー Lv.10
  • バインドリカバリ Lv.10
  • リフレッシュ Lv.10
  • HPブースト Lv.10
  • エリアキュア Lv.10
  • ヒーリング Lv.10
  • 精神集中 Lv.10
  • ファイアガード Lv.5
  • フリーズガード Lv.5
  • ショックガード Lv.5
  • 光掌の術式
  • 光掌の術式II
  • 群狼の襲撃
  • (パリング)
  • 装備ボーナス:盾
アーサー
  • 術式マスタリー Lv.10
  • 光掌の術式 Lv.10
  • 光掌の術式II Lv.10
  • 精神集中 Lv.10
  • 術式マスタリー
  • リチャージ
  • 強力な属性攻撃スキル
    (自身の術式でも可)
  • HPブースト Lv.10
  • 大蛇の痘苗
フレドリカ
  • 銃マスタリー Lv.10
  • チャージフレイム Lv.10
  • リチャージ Lv.10
  • アクトブースト Lv.10
  • HPブースト Lv.10
  • ATKブースト Lv.10
  • 銃マスタリー
  • 術式マスタリー
  • 光掌の術式
  • 光掌の術式II
  • 精神集中
  • 定量分析 Lv.10
  • グリモアに記録するスキルですが、光掌の術式IとIIはLv.1でOK。その他は+2効果を付けてLv10になるのが望ましいです。
  • ファイア/フリーズ/ショックガード役ですが、2人いるといろいろと融通が効くのでサイモンのグリモアにも記録しています。
  • 赤字のスキルは王のグリモアのスキルです。なくてもなんとかなりますが、あった方が便利です。

■戦闘前の準備#3 必須装備

キャラクター 装備品
主人公
  • クリスタルアイ
ラクーナ
  • 賢者の杖
  • 聖騎士の鎧
  • 聖騎士の盾
  • クリスタルアイ
サイモン
  • 天使の盾
  • カヤノヒメの草冠
アーサー
  • コンバットフレイル
  • クリスタルアイ
フレドリカ
  • クリスタルアイ

■戦闘前の準備#4 アイテム

  • ネクタルU、アムリタU、テリアカβは、多めに用意しておく。
  • メディカW、ソーマプライムを数個用意しておく

■戦闘前の準備#5 探索準備

  • リジェネトル(HP自然回復)かジンジャーライフ(最大HP増加)。

■戦い方

 セルは一定のダメージを与えるごとにセグメントを使用して自身のHPを回復し、次の段階へと移行します。ただ、うまいことやってセルに大ダメージを与えると一気に2段階分進むこともあるので、その点には注意してください。2段階分進んだ場合はセグメントで2段階分のHPを回復します。
 各段階の行動パターンは次項の通りです。

 セル戦では味方に強化をたくさんつけると王の威厳→ハルマゲドンという攻撃を稀に割り込ませてきます。
 これはどうやら一度に付けた強化数ではなく、つけた強化の累計が一定数に達すると使用するようです。(強化効果をきらさないように延長していけば累計数は増えない?)

■第一段階(初期)

使用順使用スキル
パターンAパターンBパターンC
ネクローシス
エクスプロウド フリージング サンダーストーム
デモンズラッシュ or ランドスラッシュ
デモンズラッシュ or ランドスラッシュ
サイクロンルーツ

 パターンはA、B、Cの順に変化します。
 例えばセルがパターンAのサイクロンルーツを使用した次のターンはパターンBの最初の行動であるフリージングを使用します。
 2までに渾身ディフェンスをラクーナに付与し、3、4の物理攻撃はラクーナでパワーディバイドを使用して攻撃を受け止めてください。

■第二段階(1回目のセグメント[HP:9999回復]使用後)

使用順使用スキル
パターンAパターンBパターンC
アクティベイト
エンタングルレイ ネクローシス 太古の呪粉
デモンズラッシュ ランドスラッシュ ランドスラッシュ
セルメンブレン
太古の呪粉 エンタングルレイ
エクスプロウド フリージング サンダーストーム(?)

 パターンはA、B、Cの順に変化します。
 対処法はスキル表に記している通り。セルがセルメンブレンを使用するターンに攻撃するのは厳禁です。

■第三段階(2回目のセグメント[HP:9999回復]使用後)

使用順使用スキル
パターンAパターンB
エクスプロウド
デモンズラッシュ フリージング
サンダーストーム ランドスラッシュ
サイクロンルーツ サイクロンルーツ
フリージング サンダーストーム

 セルは、第二段階までは決められた順序にスキルを使用してきましたが、第三段階ではパターンAとBの二択になります。
 2ターン目に、前列は光掌の術式、後列のラクーナはパリング、サイモンはフリーズガードを使用し、セルの攻撃パターンを見極めてください。

■第四段階(3回目のセグメント[HP:24000回復]使用後)

使用順使用スキル
パターンAパターンBパターンCパターンDパターンEパターンF
エンタングルレイ or 太古の呪粉 or ネクローシス
デモンズラッシュ or ランドスラッシュ
エクスプロウドフリージングサンダーストーム
サンダーストームサイクロンルーツ エクスプロウドサイクロンルーツ フリージングサイクロンルーツ
サイクロンルーツフリージング サイクロンルーツサンダーストーム サイクロンルーツエクスプロウド
アクティベイト or セルメンブレン

 第四段階はパターンがAからFの六択になります。

 1ターン目は、サイモンはバインドリカバリ、フレドリカは大蛇の痘苗(あれば)を使用し、封じと状態異常に備えます。ラクーナはここで変性の術式を使用し、敵の属性防御力を下げます。
 もしもネクローシスが来てサイモンが死亡した場合は、次のターンにネクタルUで蘇生してください。

 2ターン目はラクーナでパワーディバイドを使用。他は攻撃。

 3ターン目は全員光掌の術式II を使用してパターンを絞ります。

 4ターン目は、3ターン目にセルが使用した属性攻撃から次に使用する属性攻撃を判断し、サイモンでその属性ガードを使用。ラクーナはパリングを使用し、サイモンを守る。前列メンバーは光掌の術式で自身を守る。
 例えば3ターン目にセルがフリージングを使用した場合、4ターン目に使用するのはエクスプロウドかサイクロンルーツなので、サイモンでファイアガードを使用するといった具合です。

 5ターン目は、セルが4ターン目に属性攻撃を使用した場合はサイクロンルーツがくるので全員光掌の術式を使用する。4ターン目にサイクロンルーツを使用した場合はラクーナで次に来る属性ガードを使用し、他は攻撃する。
 例えば3ターン目にセルがフリージング、4ターン目にサイクロンルーツを使用した場合、5ターン目に使用するのはサンダーストームなので、ラクーナでショックガードを使用するといった具合です。

 6ターン目は安全策を採って、定量分析や渾身ディフェンスのかけ直し、アムリタUによるTP回復を行う。

■割り込み

使用順使用スキル
王の威厳
ハルマゲドン

 ハルマゲドンは無属性攻撃のため、DEFENCEする以外の方法ではダメージを軽減できません。この時、ブーストしてからDEFENCEするとダメージを大幅に軽減できるので、もしもセルにハルマゲドンを使われそうになったらこの方法で乗りきってください。
 従って、溜まったブーストゲージは万が一のために使わずに取っておくと良いです。
 なお、試しにブースト+医術防御Lv.10や光掌の術式IIを使用してみましたが、ダメージを軽減できませんでした。

 先にも書いた通り、この割り込みはこちらがつけた強化の累計が一定数に達すると使用してきます。
 前列3人が定量分析、ラクーナが渾身ディフェンス(強化数計4)を効果がきれるたびにかけ直すとだいたい25〜30ターン目にこの割り込みが発生します。
 強化枠をフル(強化数15)に使用し、効果がきれるたびにかけ直した場合は、10ターン目ぐらいに割り込みが発生します。
 ここからは推測ですが、割り込みは強化の累計数が20に達するたびに条件を満たし、5の倍数ターンになると発生するのかもしれません。(要追検証)

F.O.E攻略

Copyright (C) 2013 Privespa All Rights Reserved.