見出し

ストーリー攻略チーム(序盤〜中盤)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
店売りのアーマー


オウカのアーマー ドラゴン
アグドラールのアーマー ドラゴン
ティラのアーマー ドラゴン
タイタン 体力
レッドドラゴン ドラゴン
炎の魔剣士 バランス
烈火のエンテツ 攻撃
ナーガ 回復

 育てていけば長く使っていけるモンスターを中心に編成しています。

 簡単に役割を説明すると

  • タイタン・・・チームHPを大きく増やせる。軽い変換スキル持ち。
  • レッドドラゴン・・・未来のアタッカー。軽い変換スキル持ち。
  • 炎の魔剣士・・・軽い変換スキル持ち。
  • 烈火のエンテツ・・・月枠覚醒数が多く、耐性系覚醒を付けやすい。エンテツ→タイタンで火ドロップを大量に作れる。
  • ナーガ・・・敵の行動ターンを遅らせる。

火の御三家チーム

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
大灼熱のアーマー ドラゴン
攻撃

剛腕無双・ギガンテスグレイト 体力
悪魔
  • スキルブースト×2
ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃
  • 封印耐性×1
  • キラー×2
砲炎機龍・ベテルギウス ドラゴン
  • スキルブースト×1
燃える革命ドギラゴン ドラゴン
悪魔
  • ○○耐性×1
  • キラー×1
凶災の幻影龍・アニマ ドラゴン
悪魔
  • 封印耐性×1
  • キラー×2

■交代要員


チームメンバー属性タイプ覚醒
豪雪の狂獣帝・コキュートス ドラゴン
悪魔
  • ○○耐性×2
  • スキルブースト×2
タマゾーXどんちゃん ドラゴン
回復
  • バインド耐性×2
  • バインド回復×1

○補足

  • 星枠の覚醒は全て自動回復。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。

○交代要員

○解説

 ストーリー攻略チーム(序盤〜中盤)の延長線。大灼熱のアーマーのHP増加効果を活かせるように、ドラゴンタイプ主体のチームにしています。

 大きいダメージを出す時は、ベテルギウス→ギガンテスの順にスキルを使用して火と光の2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。炎鉄双角(またはドギラゴン)→ギガンテスの順でスキルを使っても火ドロップを多く作れます。

幻影龍アニマチーム

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
凶災の幻影龍のアーマー ドラゴン
悪魔

滅炎爪の白虎・ハク
ドラゴン
  • スキルブースト×1
燃える革命ドギラゴン ドラゴン
悪魔
  • 封印耐性×1
  • キラー×1
ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃
  • キラー×2
タマゾーXどんちゃん ドラゴン
回復
  • バインド耐性×2
  • バインド回復×1
豪雪の狂獣帝・コキュートス ドラゴン
悪魔
  • 毒耐性×2

○補足

  • 星枠の覚醒は全て自動回復。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。
  • チーム全体で毒耐性を計2個付けておく。
  • コキュートスはHP増し増し要員。

○交代要員

○解説

 高いチームHPを持つ火属性の半耐久チーム。しっかりと育てればチームHPは8万に達する。

 大きいダメージを出す時は、ハク→ドギラゴン(ない場合はボルケーノドラゴン)の順にスキルを使用して2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。必要ならば攻撃力アップスキルを併せて使用する。

ホルスチーム(多色)

■編成例#1 ゲーム序盤


チームメンバー属性タイプ覚醒
白光炎隼神のアーマー
攻撃

ナーガ 回復
コールドコイル 体力
アースファイター バランス
タマゾーXどんちゃん ドラゴン
回復

パープルクルル 回復

○解説

 アーマードロップを読み込むなどして早い段階でホルスのアーマーを手に入れた場合は、とりあえず各属性のモンスターを1体ずつ入れておけばOKです。
 敵の行動を遅らせるナーガ。受けるダメージを半減できるコールドコイル。配信キャラでバインド回復役のタマXどんちゃん。この3体はチームに入れておこう。

■編成例#2 神染め


チームメンバー属性タイプ覚醒
白光炎隼神のアーマー
攻撃

白光炎隼神・ホルス
攻撃
  • 操作時間延長×2
  • キラー×2
煌月聖海神・イシス
体力
  • バインド耐性×2
  • スキルブースト×2
祓戸の皇祖神・イザナギ
バランス
  • 操作時間延長×2
  • キラー×2
献身の巫女神・クシナダヒメ
回復
  • 操作時間延長×2
  • 封印耐性×1
  • スキルブースト×1
漫遊の国造神・オオクニヌシ
体力
  • 操作時間延長×2
  • スキルブースト×2

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 月枠の覚醒は、必要に応じて耐性系覚醒に付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は、ドロップ強化。

○交代要員

  • 自由に入れ替えてください。

○解説

 各メンバーの大まかな役割は次の通り。

  • イシス・・・バインド回復役兼リーダースキルのトリガー
  • イザナギ・・・攻撃力アップ役
  • クシナダヒメ・・・危ない時のダメージ軽減役
  • オオクニヌシ・・・危ない時の1ターン遅延役

 火力が全然出ないため、攻撃力の高いホルスとイザナギの2体にキラーを2個ずつ付けてアタッカーとした。結果、スキルブースト数は計6となり1ターン目から陣を使えなくなるが、そこは仕方ない。

■編成例#3 火属性主体の神染め


チームメンバー属性タイプ覚醒
白光炎隼神のアーマー
攻撃

白光炎隼神・ホルス
攻撃
  • 操作時間延長×2
  • キラー×2
蒼き団長ドギラゴン剣 ドラゴン
  • 操作時間延長×2
  • キラー×2
荒立の芸女神・アメノウズメ
バランス
  • バインド耐性×2
  • 封印耐性×1
  • スキルブースト×1
戦女神・カオスミネルヴァ
悪魔
  • 操作時間延長×2
  • スキルブースト×2
祓戸の皇祖神・イザナギ
バランス
  • 操作時間延長×2
  • スキルブースト×2

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 月枠の覚醒は、必要に応じて耐性系覚醒に付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は全て火ドロップ強化。

○交代要員

  • 自由に入れ替えてください。

○解説

 各メンバーの大まかな役割は次の通り。

  • ドギラゴン剣・・・アタッカー
  • アメノウズメ・・・バインド回復役
  • イザナギ・・・攻撃力アップ役
  • ミネルヴァ・・・リーダースキルのトリガー

赤オデンチーム(クリア後)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
滅槍の幻術神のソウルアーマー
攻撃

煌聖華の朱雀・レイラン
攻撃
  • キラー×2
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • 毒耐性×2
  • キラー×2
剛腕無双・ギガンテスグレイト 体力
悪魔
  • スキルブースト×2
(自由枠)
(攻撃力アップ枠)

■攻撃力アップ枠


チームメンバー属性タイプ覚醒
凶災の幻影龍・アニマ ドラゴン
悪魔

イフリート ドラゴン
セブン−イレブンドラゴン ドラゴン
蒼炎の鎧騎士・ニム 攻撃
回復

○補足

  • 星枠の覚醒は全て自動回復。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。
  • チーム全体で毒耐性を計2個付けておく。

○交代要員

  • 自由枠は挑むダンジョンに応じて適切なモンスターを入れてください。

○解説

 高いチームHPを持つ火属性の半耐久チーム。ソウルアーマーにバインド耐性が2個ついており、主人公がバインドを受けないのが強み。

 大きいダメージを出す時は、レイラン→ゴクオーくんの順にスキルを使用して火と木の2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。必要ならば攻撃力アップスキルを併せて使用する。

ゴクオーくんチーム(コラボ)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
初代閻魔大王のソウルアーマー 悪魔
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • キラー×2
煌聖華の朱雀・レイラン
攻撃
  • スキルブースト×2
剛腕無双・ギガンテスグレイト 体力
悪魔
  • スキルブースト×2
(自由枠)
紅蓮華の女傑・エキドナ 回復
悪魔

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。
  • チーム全体で封印耐性を計2個付けておく。
  • 1、2ターン目からエキドナやゴクオーくんのスキルを使えるように、スキルブーストは最低7個付ける。
  • エキドナとゴクオーくんのスキルレベルはMAXであること。

○交代要員

  • 自由枠は挑むダンジョンに応じて適切なモンスターを入れてください。
  • 威嚇ループして遊ばない場合は、エキドナの枠も自由枠としてOKです。

○解説

 Ver.2.0での修正により多少実用的になった。
 エキドナ→(攻撃受ける)→ゴクオーくん→(攻撃受ける)→ソウルアーマーで威嚇ループができるのが強み。ただ、相手が状態異常無効スキルを使ったり、もしくは一発も受けられないレベルの高攻撃力だと厳しい。

 火属性悪魔タイプのモンスターのみでチームを組むのが望ましいが、火属性モンスターであれば攻撃力12倍になるので、悪魔タイプにこだわらなくても良い。ただし、キラー覚醒は、リーダースキルの恩恵を最大限受けられる火属性悪魔タイプのモンスターに付ける。

 大きいダメージを出す時は、レイラン→ゴクオーくんの順にスキルを使用して火と木の2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。必要ならば攻撃力アップスキルを併せて使用する。

燃える革命ドギラゴンチーム(コラボ)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
燃える革命ドギラゴンのソウルアーマー ドラゴン
悪魔

煌聖華の朱雀・レイラン
攻撃
  • キラー×2
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • キラー×2
剛腕無双・ギガンテスグレイト 体力
悪魔
  • スキルブースト×2
紅蓮の逆刃・炎鉄双角 攻撃
体力
  • スキルブースト×1
ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃
  • スキルブースト×2

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。
  • チーム全体で封印耐性を計2個付けておく。
  • スキルブーストを最低5個付ける。
  • スキルレベルは全員MAX。

○交代要員

  • ボルケーノドラゴンの代わりに火古龍を入れてもOK。

○解説

 最大で攻撃力25倍の列パ。敵の攻撃はそれほど受けられないため、スキルで火ドロップを増やしながら敵を次々と倒していく必要がある。そのため、スキルレベルはMAXでないと厳しい。

 大きいダメージを出す時は、盤面に火ドロップを13個以上作った後、火の横1列込み8個つなぎ消し+火3個以上消しで攻撃。特に大きいダメージを出したい時は、主人公のスキルを絡めて火ドロップを強化すると良い。
 火ドロップを多く作るスキル使用順は次の通りです。

  • レイラン→ゴクオーくん
  • レイラン→炎鉄双角
  • 炎鉄双角→ギガンテス
  • 主人公→ギガンテス(強化火ドロップ生成)
  • ボルケーノドラゴン→主人公(強化火ドロップ大量生成)
  • ゴクオーくん→主人公(強化火ドロップ大量生成)

○火の横1列込み8個つなぎ消し例

8個消しの例1

8個消しの例2

8個消しの例3

赤龍喚士チーム(龍の章)

■編成例#1 火染め


チームメンバー属性タイプ覚醒
赤龍喚士のアーマー ドラゴン
悪魔

赤龍喚士・ソニア ドラゴン
悪魔
  • スキルブースト×2
ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃
  • 封印耐性×1
  • キラー×2
メカ・マルス 体力
悪魔
  • スキルブースト×1
(自由枠)
(攻撃力アップ枠)

■自由枠候補


チームメンバー属性タイプ覚醒
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
火古龍 ドラゴン

タマゾーXどんちゃん ドラゴン
回復
  • バインド耐性×2

■攻撃力アップ枠


チームメンバー属性タイプ覚醒
凶災の幻影龍・アニマ ドラゴン
悪魔

セブン−イレブンドラゴン ドラゴン

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。

○交代要員

  • 自由枠は挑むダンジョンに応じて適切なモンスターを入れてください。

○解説

 高い回復力を活かして耐久しつつソニアの二色陣を使って敵を倒していく。ただし、回復ドロップを消し続けなくては耐久できないため、HPを増やすタイプの耐久チームのような余裕はない。
 攻撃倍率の低さを補うために攻撃力アップ要員は必須。

 大きいダメージを出す時は、赤ソニアのスキルで2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。ソニアの陣で闇多めの偏った盤面になった場合は、続けてボルケーノドラゴン、メカ・マルスの順にスキルを使い、火花火で攻撃しても良い。

■編成例#2 闇染め


チームメンバー属性タイプ覚醒
赤龍喚士のアーマー ドラゴン
悪魔

滅炎爪の白虎・ハク
ドラゴン
  • スキルブースト×1
サイクロンデビルドラゴン ドラゴン
悪魔
  • 封印耐性×1
  • キラー×2
(自由枠)
禍乱の不死龍・カースドラゴン ドラゴン
悪魔
  • スキルブースト×1
破軍・ドラゴン・ショウグン ドラゴン
攻撃
  • キラー×2

■自由枠候補


チームメンバー属性タイプ覚醒
闇古神・ダフネス
ドラゴン

ナルガクルガ・亜種 ドラゴン
悪魔

タマゾーXどんちゃん ドラゴン
回復
  • バインド耐性×2

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 太陽枠の覚醒は、闇列消し強化。

○解説

 チームメンバーを闇のドラゴンタイプモンスターで揃えたバージョン。

覚醒ヘラ・ウルズ↑↑チーム(神の章)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
覚醒ヘラ・ウルズ↑↑のアーマー 悪魔
五機龍融合・デモンハダル ドラゴン
悪魔
  • スキルブースト×1
剛腕無双・ギガンテスグレイト 体力
悪魔
  • スキルブースト×2
燃える革命ドギラゴン ドラゴン
悪魔
  • キラー×1
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • キラー×2
凶災の幻影龍・アニマ ドラゴン
悪魔
  • キラー×2

○補足

  • 星枠の覚醒は全て自動回復。
  • 太陽枠の覚醒は、アーマーのスキル「火ドロップ出現率アップ」を活かせるように火ドロップ強化を計5個付け、残りは火列消し強化にする。

○交代要員

○解説

 高いチームHPを持つ火属性の半耐久チーム。素の回復力の高さと自動回復による二段構えの回復力を活かして戦う。

 大きいダメージを出す時は、ハダル、ギガンテスの順にスキルを使用して2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。必要に応じてドロップ強化や攻撃力アップスキルを使う。

ダンタリオンチーム(神の章)

■編成例#1


チームメンバー属性タイプ覚醒
狂面の魔公爵のアーマー 悪魔
攻撃

1〜5 火古龍 ドラゴン

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 月の覚醒は、基本は操作時間延長。必要に応じて耐性系覚醒に付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は全て火ドロップ強化。
  • 銀河枠の覚醒は、スキルブーストを計7個付け、残りはキラーを付ける。

○解説

 火の十字消し×2と回復3個消し×2で攻撃力が最大600倍と、ものすごい火力が出せる。ただ、その分パズルも難しい(というか、ややこしい)ので、操作時間延長の覚醒は多めに付けておこう。
 立ち回りとしては、1ターンにスキルを1〜2個使って火ドロップ 10個と回復ドロップ 6個を確保し、最大倍率を出しながら進んでいく。

■編成例#2 同キャラ不使用案


チームメンバー属性タイプ覚醒
狂面の魔公爵のアーマー 悪魔
攻撃

狂面の魔公爵・ダンタリオン 悪魔
攻撃
  • スキルブースト×1
燃える革命ドギラゴン ドラゴン
悪魔
  • スキルブースト×1
紅蓮の逆刃・炎鉄双角 攻撃
体力
  • スキルブースト×1
ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃
  • スキルブースト×2
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • スキルブースト×2

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 月の覚醒は、基本は操作時間延長。必要に応じて耐性系覚醒に付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は全て火ドロップ強化。
  • 銀河枠の覚醒は全てスキルブースト。(計8個)

○交替要員

  • 1枠目のダンタリオンは火古龍でもOK。
  • バインド回復役を入れる場合はゴクオーくんと入れ替える。

○解説

 軽い変換スキル持ちがいないとスキルが回らないことがあったのでハリケーンボルケーノドラゴンを入れています。
 変換スキルを使う際には、盤面に火ドロップが10個〜15個になるように調整してください。火ドロップを増やしすぎると十字を2つ作りづらくなります。

シヴァ=ドラゴンチーム(龍の章)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
シヴァ=ドラゴンのアーマー
ドラゴン

蒼き団長ドギラゴン剣 ドラゴン
  • キラー×2
煌聖華の朱雀・レイラン
攻撃
  • キラー×2
初代閻魔大王・地獄王 悪魔
  • スキルブースト×2
バーンフェニックスナイト・ホムラ バランス
  • スキルブースト×1
荒立の芸女神・アメノウズメ
バランス
  • バインド耐性×2
  • バインド回復×1
  • スキルブースト×1

■入れ替え候補


チームメンバー属性タイプ覚醒
八相龍神・ヤマタノオロチ
ドラゴン

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 太陽枠の覚醒は全て火列消し強化。

○解説

 火属性・神タイプのモンスターのみでチームを組めば攻撃力24倍、回復力3.5倍というチーム。ただ、火属性・神タイプのモンスターだけでチームを組むと変換スキルが足りないので、今回はゴクオーくんを入れています。

 大きいダメージを出す時は、レイラン、ゴクオーくんの順にスキルを使用するか、もしくはドギラゴン剣のスキルを使用して2色盤面にした後、火の横1列×2列で攻撃。

転生シヴァチーム(神の章)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
転生シヴァのアーマー 攻撃
悪魔

煌聖華の朱雀・レイラン
攻撃

初代閻魔大王・地獄王 悪魔
火古龍 ドラゴン

ハリケーンボルケーノドラゴン ドラゴン
攻撃

覚醒ヘラ・ウルズ↑↑ 悪魔

○補足

  • 星枠の覚醒は、敵の攻撃を受けられるようにダメージ軽減を付ける。
  • 月枠の覚醒は、基本的には操作時間延長。場合に応じて耐性系覚醒と付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は全て火ドロップ強化。
  • スキルブーストを6〜7個付け、残りはキラーにする。

○解説

 火属性のコンボチーム。火属性を持つモンスターであれば自由に入れられるのでチーム構成の幅は広い。単純に8コンボ30倍出すだけでは大してダメージを与えられないので、変換スキルを使って火ドロップを多めに作り、火のコンボを多めに作るようにする。

 正直なところ転生シヴァのアーマーは対戦向けのアーマーだと思います。

ガイノウトチーム(龍の章)

■編成例


チームメンバー属性タイプ覚醒
雷天の頑龍王のアーマー ドラゴン
体力

雷天の頑龍王・ガイノウト ドラゴン
体力

雷天の頑龍王・ガイノウト ドラゴン
体力

雷天の頑龍王・ガイノウト ドラゴン
体力

ボルボロス・亜種 ドラゴン
体力

破軍・ドラゴン・ショウグン ドラゴン
攻撃

○補足

  • 星枠の覚醒は全て自動回復。
  • 月枠の覚醒は、基本的には操作時間延長。場合に応じて耐性系覚醒と付け替える。
  • 太陽枠の覚醒は全て火ドロップ強化。
  • 銀河枠の覚醒は全てスキルブースト。(計8個)

 星枠覚醒にはダメージ軽減を付けたいところですが、倍率を出すために毒を消さないといけないこともあり、自動回復を付けないと毒ダメージで自滅する恐れがあります。全員の回復力に+99を付ければ自動回復なしでも回復が間に合うもしれませんが、このチームにそこまでの労力をかける価値は・・・。
 銀河枠にキラー覚醒を付けられる余裕がないのも痛い。

○交代要員

○解説

 毒ドロップを消すことにより最大で100倍の攻撃力が出せるアーマー。ただ、毒ドロップを作る手段が実質自身の陣のみで、また、陣使用後の盤面に毒ドロップが4個以上ないと最大倍率が出せないのが難点。
 降臨ダンジョンに挑む場合は、ボス前までのフロアのいずれかでガイノウトのスキルを溜めなおす必要がある。その際にはボルボロスのスキルを使用し、3ターン耐えよう。

チーム編成例

Copyright (C) 2016 Privespa All Rights Reserved.