Index

はじめに

熟練度習得可能なレベル
NoviceLv.1から習得可能
VeteranLv.20から習得可能
MasterLv.40から習得可能

 各スキルの比率などは簡単に調べただけなので、参考程度にしてください。

 サブクラスで選択した場合、クラス固有スキルと鉱物学、屈強料理は習得できません。

習得スキル

■一覧

名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
城塞騎士の心得 Novice クラス固有 前列時、敵に攻撃されるたびTPが回復する
城塞騎士の極意 Veteran クラス固有 前列時、敵に攻撃されるたびTPが更に回復する
  • 城塞騎士の心得 Lv.1
城塞騎士の悟り Master クラス固有 前列時、敵に攻撃されるたびTPが更に回復する
  • 城塞騎士の極意 Lv.1
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
ボルトストライク Novice 10 鎚専用 【近接・壊+雷】敵1体に攻撃
ホーリーバッシュ Novice 10 鎚専用 【近接・壊】敵1体に攻撃。 自身のHPが回復する
  • ボルトストライク Lv.3
リベンジスマイト Veteran 鎚専用 【近接・壊】3ターン後に敵1体へ攻撃。
発動までに攻撃を受けた回数で威力が上昇する
  • ホーリーバッシュ Lv.2
アースブレイク Master 鎚専用 【近接・壊】攻撃対象の敵とその左右の敵に攻撃。
攻撃者自身もダメージを受ける
  • リベンジスマイト Lv.2
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
ディバイドガード Novice 盾専用 使用したターンに味方1人をかばい、代わりにダメージを受ける
ラインディバイド Veteran 盾専用 使用したターンに味方1列をかばい、代わりにダメージを受ける
  • ディバイドガード Lv.3
オールディバイド Veteran 盾専用 使用したターンに味方全体をかばい、代わりにダメージを受ける
  • ラインディバイド Lv.3
ディバイドモード Master 盾専用 HPが50%以下の味方をかばい、代わりにダメージを受ける
効果は3ターン持続
  • オールディバイド Lv.3
ガードマスタリ Master パッシブ 前列時、自身に対する物理・属性攻撃を一定確率で無効化する
  • ディバイドモード Lv.2
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
防御陣形 Novice 補助 3ターンの間、味方全体の物理防御力を上昇させる
防御陣形U Novice 補助 3ターンの間、味方全体の属性防御力を上昇させる
  • 防御陣形 Lv.3
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
挑発 Novice 補助 4ターンの間、敵の標的にされやすくなる
先制挑発 Novice 先制発動 戦闘開始時、一定確率で挑発を行う
  • 挑発 Lv.2
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
騎士の加護 Veteran パッシブ 自身に付着した状態異常と封じの自然回復率が上昇する
聖なる加護 Veteran 補助 3ターンの間、味方1列に状態異常を一度だけ防ぐ強化を付与する
  • 騎士の加護 Lv.3
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
物理防御ブースト Novice 10 パッシブ 物理防御力が上昇する
HPブースト Master 10 パッシブ 最大HPが上昇する
ヒールウォール Veteran パッシブ 同列のキャラは、DEFENCE時にHPが回復するようになる
ランバート Veteran 補助 3ターンの間、自分の物理・属性防御力を上昇させる
歩哨 Veteran 探索 一定歩数の間、同フロアのFOEの位置を表示する
鉱物学 Novice パッシブ 採掘時に一定確率で更に素材を見つけることができる。
このスキル習得者がパーティーに2人以上いる場合、確率上昇

屈強料理 Veteran 食材の調理による上昇するVITの量を増やす。
このスキル習得者がパーティーに2人以上いる場合、効果上昇

城塞騎士の心得/極意/悟り

■スキルレベルによる変化

スキル必要練度TP回復量
城塞騎士の心得 Lv.1Novice
城塞騎士の極意 Lv.1Veteran
城塞騎士の悟り Lv.1Master

 攻撃されるたびにTPが回復する。フォートレスはTP不足に悩むクラスなので、必ず習得しておいたほうが良い。
 この手の条件のスキルにしては珍しく、敵の攻撃がミスだった場合でもTPは回復する。

ボルトストライク

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率
(通常攻撃)1.00
1.50
1.88
10102.18

 とりあえず1ポイントは振っておくべきスキル。
 主に通常戦闘で役に立つ。

ホーリーバッシュ

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率HP回復量
(通常攻撃)1.00
101.44与えたダメージの70%
121.73与えたダメージの90%
10141.99与えたダメージの110%

 敵にダメージを与えつつ自分のHPを回復できるスキル。
 HP回復量は敵に与えたダメージ量により決まるので、壊属性に耐性を持つ敵だとほとんど回復できない。

リベンジスマイト

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP発動までに攻撃を受けた回数
0回1回2回
(通常攻撃)1.00
141.77
162.47
182.96
(1.00)
4.16
(1.40)
5.36
(1.81)

 スキルを使用した3ターン後に発動し、発動までの間にダメージを受けた回数で与えるダメージが決まる。したがって、敵の攻撃を避けたり無効化したりした分はカウントされない。
 ダメージを1回受けると1.4倍、2回受けると1.81倍なので、1回ダメージを受けるたびに倍率が0.4ずつ増えていくのかもしれない。

アースブレイク

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率受けるダメージ
(通常攻撃)1.00
242.83不明
273.42不明
303.87不明

 敵に大ダメージを与えるかわりに自身も大ダメージを受ける困ったスキル。
 自分へのダメージでHPが0になれば当然死亡する。
 左右の敵に与えるダメージは、メインターゲットの敵に与えるダメージの半分程度。

 自分が受けるダメージ量は攻撃力が基準となって算出されているのは確かだが、算出式はわからなかった。
 攻撃力を上げるスキルの影響を受けるので、下手をするとこのスキルを使用するたびに死亡する状況になる。
 防具を着けていても全く着けていなくても自分の受けるダメージは変わらないが、壊攻撃だけにアクセサリ「壊撃の守り」を装備していると自分の受けるダメージが半減するので、積極的にこのスキルを使用するのであれば装備しておいた方が良い。

ディバイドガード

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
0.95
0.76
0.66

 習得しておくといざというときに役に立つ。
 スキルを使用するフォートレスが前衛にいても後衛にいても受けるダメージは同じで、受けるダメージ量はフォートレスの防御力による。

ラインディバイド

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
100.95
0.87
0.85

 こちらは一列をガードする。
 スキルを使用するフォートレスが前衛にいても後衛にいても受けるダメージは同じで、受けるダメージ量はフォートレスの防御力による。
 ガードする列の中にスキルを使用したフォートレスが居ても、自分へのダメージは軽減しない。あくまでもダメージを軽減するのは庇う味方のみ。

 ディバイド中に行動できなくなる状態異常(睡眠・麻痺・混乱)に陥るとその時点でディバイド終了。以後の味方は庇わない。

 スキルレベル3でも6でもダメージ軽減率に大差ないので、レベル3までで止めておくのがお得。

オールディバイド

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
200.95
0.87
0.85

 こちらは味方全体をガードする。
 スキルを使用するフォートレスが前衛にいても後衛にいても受けるダメージは同じで、受けるダメージ量はフォートレスの防御力による。
 こちらもやはり自分へのダメージは軽減しない。あくまでもダメージを軽減するのは庇う味方のみ。

 ディバイド中に行動できなくなる状態異常(睡眠・麻痺・混乱)に陥るとその時点でディバイド終了。以後の味方は庇わない。

 スキルレベル3でも6でもダメージ軽減率に大差ないので、レベル3までで止めておくのがお得。

ディバイドモード

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
200.95
200.87
200.85

 他のディバイド系スキルとは違い、効果が3ターン持続するが、強化スロットを1つ使用するのが難点。
 それでも敵の攻撃に備えて毎ターンオールディバイドするぐらいならこちらを使用したほうが良い。
 あくまでHP残量が50%以下の味方しか庇わないので、HP残量が51%以上の状態から一気に0になるような攻撃でも当然庇わない。ゆえに、時と場合によってはラインディバイドやオールディバイドを使う必要があることを忘れずに。

 HPを自動的に回復してしまうスキル(陣回復、オートヒール)とは相性が悪い。

 ディバイド中に行動できなくなる状態異常(睡眠・麻痺・混乱)に陥るとその時点でディバイド終了。以後の味方は庇わない。

 スキルレベル3でも6でもダメージ軽減率に大差ないので、レベル3までで止めておくのがお得。

ガードマスタリ

■スキルレベルによる変化

 前列時、一定の確率で自身への物理・属性攻撃を無効化する。
 スキルレベルを上げると発動率が上昇する。

 敵の攻撃を仲間の代わりに受けることの多いフォートレスの生存率を上げるためには習得しておきたい。

防御陣形/防御陣形U

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
120.86
120.77
120.75

 防御陣形は物理攻撃ダメージ、防御陣形Uは属性攻撃ダメージを軽減する。
 通常戦闘、FOE戦ともに大活躍だが、消費TPが12と大きいのが悩みの種。

 スキルレベル3と6でダメージ軽減率に大差ないので、レベル3までで止めておくのがお得。

挑発

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP狙われ率

 敵に狙われやすくなるスキル。
 城塞騎士の心得や物理防御ブースト、ランバートなどと併用するのが望ましい。

先制挑発

■スキルレベルによる変化

 挑発が戦闘開始時にTP消費なしで自動的に発動する。
 スキルレベルを上げると発動率が上昇する。

騎士の加護

■スキルレベルによる変化

 スキルレベルを上げると自身の封じ・状態異常回復率が上昇する。

聖なる加護

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP1412

 状態異常を使用する敵との戦いで絶大な効果を発揮するスキル。
 スキルレベルを上げると消費TPが減少する。効果は変わらない。

物理防御ブースト

■スキルレベルによる変化

スキルLv (未習得) 10
被ダメージ比率 1.00 0.94 0.83 0.74

 ポイントを振っても守備力の数値は増えないが、受けるダメージはちゃんと軽減されている。
 仲間のかわりにダメージを受ける機会の多いフォートレスだけに習得しておきたいスキル。

HPブースト

■スキルレベルによる変化

スキルLv 10
HP増加率 1.10 1.15 1.19 1.23 1.27 1.30 1.33 1.36 1.38 1.40

 最大HPが増える。

ヒールウォール

■スキルレベルによる変化

スキルLv
HP回復量 10 15 20 25 29 33 37 40

 防御時にしかHPが回復しないため一見いらなそうな気もするが、一度習得すると手放せなくなる不思議なスキル。
 各スキルレベル毎の回復量は固定だが、医術師の心得/極意/悟りを習得しているメディックがパーティーにいる場合は回復量が増加する。

ランバート

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP被ダメージ比率
(なし)1.00
0.79
0.75
0.66

 自身の物理・属性防御力を上昇させる。
 このスキルがないと仲間を庇いきれない。

歩哨

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP範囲歩数
30
40
50
60
80
10100

クラス

Copyright (C) 2012 Privespa All Rights Reserved.