Index

はじめに

熟練度習得可能なレベル
NoviceLv.1から習得可能
VeteranLv.20から習得可能
MasterLv.40から習得可能

 各スキルの比率などは簡単に調べただけなので、参考程度にしてください。

 サブクラスで選択した場合、クラス固有スキルと薬草学、危険素材の知識は習得できません。

習得スキル

■一覧

名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
医術師の心得 Novice クラス固有 パーティー全体のHP回復スキルの回復率を上昇させる
医術師の極意 Veteran クラス固有 パーティー全体のHP回復スキルの回復率を更に上昇させる
  • 医術師の心得 Lv.1
医術師の悟り Master クラス固有 パーティー全体のHP回復スキルの回復率を更に上昇させる
  • 医術師の極意 Lv.1
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
ヒーリング Novice 10 回復 味方1人のHPを回復する
ラインヒール Novice 10 回復 味方1列のHPを回復する
  • ヒーリング Lv.3
フルヒーリング Veteran 回復 味方1人のHPを全回復する
  • ラインヒール Lv.3
パーティヒール Veteran 10 回復 味方全体のHPを回復する
  • フルヒーリング Lv.2
オートヒール Master パッシブ 味方のHPが30%以下になった時、一定確率でその味方のHPを回復する
  • パーティヒール Lv.2
ヒールマスタリ Master パッシブ ヒーリング、ラインヒーリング、パーティヒールの回復量が上昇する
  • オートヒール Lv.3
集中治療 Novice 補助 3ターンの間、自身の持つHP回復スキルの効果が上昇する
  • ヒーリング Lv.3
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
リザレクト Veteran 回復 味方1人の戦闘不能を回復する
オートリザレクト Master パッシブ 味方が戦闘不能になった時、一定確率でその味方を戦闘不能から回復する
  • リザレクト Lv:4
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
リフレッシュ Novice 回復 味方に付着した状態異常を全て回復する
トリート Novice 回復 味方に付与された弱体効果を全て回復する
  • リフレッシュ Lv.2
リカバリー Novice 回復 味方に付着した封じを全て回復する
  • リフレッシュ Lv.2
一斉救護 Veteran 補助 リカバリー、リフレッシュ、トリート、フルリフレッシュの範囲が広がる
効果は3ターン持続
  • トリート Lv.1
  • リカバリー Lv.1
フルリフレッシュ Veteran 回復 味方1人の弱体、状態異常、封じを全て回復する
  • 一斉救護 Lv.2
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
ヘヴィストライク Novice 鎚・杖専用 【近接・壊】敵1体に攻撃。 一定確率でスタンさせる
スリープブロー Veteran 鎚・杖専用 【近接・壊】敵1体に攻撃 + 「睡眠」付着
  • ヘヴィストライク Lv.2
スタードロップ Master 鎚・杖専用 【近接・壊】敵1体に攻撃。
このターンに限り、対象の物理防御力を低下させる
  • スリープブロー Lv.2
名称必要練度最大Lvタイプ効果習得条件
戦後手当 Novice パッシブ 戦闘に勝利した時、味方全体のHPを回復する
ストレッチ Veteran パッシブ 自身の封じ耐性が上昇する
TPブースト Master パッシブ 最大TPが上昇する
薬草学 Novice パッシブ 採取時に一定確率で更に素材を見つけることができる。
このスキル習得者がパーティーに2人以上いる場合、確率上昇

危険素材の知識 Veteran 食材の毒を無効化して安全に調理する

医術師の心得/極意/悟り

■スキルレベルによる変化

スキル必要練度回復量の比率
(なし)1.00
医術師の心得 Lv.1Novice1.15
医術師の極意 Lv.1Veteran1.19
医術師の悟り Lv.1Master1.25

 必ず習得すべきスキル。
 メディックのスキルに限らず、他のクラスのHP回復効果を持つスキル全てについて適用される。

ヒーリング/ラインヒール/パーティヒール

■スキルレベルによる変化

スキル必要練度対象回復量の比率
スキルLv.1スキルLv.5スキルLv.10
ヒーリングNovice味方一人1.00
(TP:5)
1.65
(TP:7)
2.15
(TP:10)
ラインヒールVeteran味方1列0.85
(TP:10)
1.35
(TP:15)
1.71
(TP:20)
パーティヒールVeteran味方全体0.71
(TP:20)
1.15
(TP:27)
1.44
(TP:35)

 どのスキルも回復量が足りないと思い始めたら段階的に上げていけば良い。
 特にスキルレベル5、10になると消費TPが跳ね上がるので、調子にのってスキルレベルを上げるとTP不足に悩むはめになる。

フルヒーリング

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP34302620

 スキルレベルを上げると消費TPが減っていく。
 次以降のスキルのためにスキルレベル2までは上げる必要がある。

オートヒール

■スキルレベルによる変化

 味方のHPが30%以下になった時に一定確率でHPを自動回復してくれる神スキル。
 習得しておいてなんら損はない。

ヒールマスタリ

■スキルレベルによる変化

スキルLv (未習得)
回復量の比率 1.00 1.05 1.10 1.15 1.19 1.23 1.25 1.27 1.30

 スキルの説明文ではヒーリング、ラインヒーリング、パーティヒールの回復量が増えるとあるが、リザレクションや戦後手当などを含めHP回復スキル全般に適用される。

集中治療

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TP回復量の比率
(未使用時)1.00
1.41
1.56
1.66

 消費TPの多いラインヒールやパーティヒールの回復量を補うためのスキルと考えるのが良い。
 3ターンしかもたないので使いたいときには効果がきれていたりする。正直使い道がない。  リザレクトにも適用されるかは未確認。

リザレクト

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP 15 17 20
HP回復量 1 20 50 150 180 210 240 350

 習得するのであれば回復量が跳ね上がるスキルレベル4まで上げたほうが良い。
 HP回復量は固定だが、医術師の心得などを習得している場合は回復量が増加する。

オートリザレクト

■スキルレベルによる変化

スキルLv
HP回復量 1 10 30 60 100 150 200 250

 味方が死亡した時に一定確率で蘇生してくれるスキル。
 こちらもリザレクションと同様にHP回復量は固定で、医術師の心得などを習得している場合は回復量が増加する。
 発動率は10%程度だが、万が一の保険として1ポイントでも習得しておくと良い。

リフレッシュ/トリート/リカバリー

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP 12
効果の対象 一人 一人 1列 1列 1列 1列

 リフレッシュは状態異常、トリートは弱体化効果、リカバリーは封じを治療する。
 いずれもスキルレベルが3になると効果の対象が1人から一列になるが、それに伴い消費TPが増大する。
 実際問題、一列単位でないと治療が間に合わないので、リフレッシュだけでもスキルレベル3まで振った方がいい。

一斉救護

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP 15 12

 スキルレベルを上げても効果は変わらず、消費TPが減っていく。
 弱体化ならともかく封じや状態異常でメディックが行動できなくなると一斉救護どころではなくなるので、使う機会はほとんどない。

フルリフレッシュ

■スキルレベルによる変化

スキルLv
消費TP 16 14 11

 スキルレベルを上げても効果は変わらず、消費TPが減っていく。
 味方1人の弱体、状態異常、封じを一気に治療できるが、そんな状況にはそうそう陥らない。

ヘヴィストライク

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率
(通常攻撃)1.00
1.89
102.18
10112.50

 スタンの発動率はそこそこなので、1ポイントだけでも振っておくと通常戦闘で暇にならなくて済む。
 本格的な殴りメディックを目指すのでない限りは、武器は鎚よりも杖の方が行動速度が早いのでお勧めです。

スリープブロー

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率
(通常攻撃)1.00
101.55
121.95
10152.30

 睡眠付着効果が付いているせいか、与えるダメージ量はヘヴィストライクよりも少ない。
 睡眠付着率はそれなり。

スタードロップ

■スキルレベルによる変化

スキルLv消費TPダメージ比率後続のダメージ比率
(通常攻撃)1.001.00
161.271.19
201.561.29
251.801.39

 物理防御力低下効果はこのスキルを使用したターンのみ有効なので、メディックの後に行動するメンバーにしか恩恵がない。
 最大限に活かすためにはダンサーのクイックステップでメディックを最初に行動させるなどの工夫が必要。

戦後手当

■スキルレベルによる変化

スキルLv
HP回復量 10 17 24 30 35 40 45 50

 TP消費無しで戦闘後にHPをある程度回復してくれる素敵なスキル。
 少なくとも序盤はスキルを習得しておいて損はない。
 中盤以降はミスティックの回復歩行のほうが効率が良いので、その時がきたら休養してスキルを振り直すのも一つの手です。

ストレッチ

■スキルレベルによる変化

 スキルレベルが上がると自身の封じ耐性が上昇する。
 ただ、スキルレベルMAXまで上げても効果を実感できませんが。

TPブースト

■スキルレベルによる変化

スキルLv
TP増加率 1.10 1.15 1.19 1.23 1.27 1.30

 最大TPが増える。

危険素材の知識

■スキルレベルによる変化

 食材の毒を取り除けるのはメディックのこのスキルだけなので、習得しておいたほうが良い。

クラス

Copyright (C) 2012 Privespa All Rights Reserved.