Index

モンクについて

■解説

●モンクについて

 多様な回復スキルを持つパーティーの回復役。また、素手による戦いを得意とするクラスでもある。

●装備可能な武器

 鎚、短剣、本を装備可能。ただし、拳スキルを使うのであれば、武器は装備せずに素手の状態にする。

●装備可能な防具

 軽装鎧、衣服、頭防具、腕防具、脚防具を装備可能。

■ステータス評価(仮)

HPTPSTRTECVITAGILUC

モンクのスキル一覧

■クラス固有スキル

錬気の法
最大LvLv.10
効果
  • ヒーリング系スキルのHP回復量が増加する
習得条件
  • なし
補足説明

■マスタリー

拳マスタリー
最大LvLv.10
効果
  • 拳スキルの習得
  • 素手による通常攻撃ダメージが増加する
習得条件
  • なし
補足説明

■拳スキル

気功拳
最大LvLv.10
効果
  • 敵1体に壊攻撃+麻痺
習得条件
  • 拳マスタリー Lv.1
補足説明
壊炎拳
最大LvLv.10
効果
  • 敵全体ランダムに壊+炎属性攻撃
習得条件
  • 拳マスタリー Lv.3
  • チャクラの覚醒 Lv.3
補足説明
暗黒拳
最大LvLv.10
効果
  • HPを消費して敵全体に壊攻撃+呪い
習得条件
  • 拳マスタリー Lv.10
  • チャクラの覚醒 Lv.3
    • 壊炎拳 Lv.3
補足説明

■反撃スキル

カウンターI
最大LvLv.10
効果
  • 物理攻撃に対して壊攻撃で反撃する
習得条件
  • 拳マスタリー Lv.8
補足説明
カウンターII
最大LvLv.10
効果
  • 属性攻撃に対して壊攻撃で反撃する
習得条件
  • 拳マスタリー Lv.8
補足説明

■回復スキル

ヒーリング
最大LvLv.10
効果
  • 味方1人のHPを回復する
習得条件
  • なし
補足説明
ラインヒール
最大LvLv.10
効果
  • 味方一列のHPを回復する
習得条件
  • ヒーリング Lv.4
補足説明
パーティーヒール
最大LvLv.10
効果
  • 味方全体のHPを回復する
習得条件
  • ヒーリング Lv.4
    • ラインヒール Lv.5
補足説明
フルヒーリング
最大LvLv.5
効果
  • 味方1体のHPを全回復する
習得条件
  • ヒーリング Lv.5
補足説明
リフレッシュ
最大LvLv.10
効果
  • 味方に付着した状態異常を回復する
    ※効果対象はスキルレベルによって変化する
習得条件
  • ヒーリング Lv.2
補足説明
バインドリカバリ
最大LvLv.10
効果
  • 味方に付着した封じを回復する
    ※効果対象はスキルレベルによって変化する
習得条件
  • ヒーリング Lv.2
補足説明
リザレクト
最大LvLv.10
効果
  • 味方1人の戦闘不能を回復する
習得条件
  • ヒーリング Lv.2
    • リフレッシュ Lv.2
    • バインドリカバリ Lv.2
補足説明

■パッシブスキル

チャクラの覚醒
最大LvLv.10
効果
  • 自身に付着した封じ・状態異常の自然回復率を上昇させる
習得条件
  • なし
補足説明
行者の利益
最大LvLv.10
効果
  • 自分が戦闘不能になった時に味方全体のHPが回復する
    ※戦闘中一度限り
習得条件
  • なし
補足説明
血返しの法
最大LvLv.10
効果
  • 味方が戦闘不能になった時に自分のTPが回復する
習得条件
  • なし
補足説明
行者の功徳
最大LvLv.10
効果
  • 戦闘中にスキルを使うと自分のHPが回復する
習得条件
  • 行者の利益 Lv.3
  • 血返しの法 Lv.3
補足説明

■探索スキル

火渡りの行
最大LvLv.5
効果
  • ダメージ床のダメージを減少する
習得条件
  • なし
補足説明

錬気の法【クラス固有】

■スキルレベルによる変化

Lv回復倍率
1.20
1.25
1.30
1.35
1.40
1.45
1.50
1.55
1.60
101.65

●スキル解説

  • ヒーリング系スキルのHP回復量が増加する常時発動型スキル。
  • HPを回復するアクティブスキルは対象になる。パッシブスキルは対象外。

●一言メモ

 回復モンクの必修スキル。これがないと回復量が足りない。

 リザレクトや応急処置も対象になる。ただ、リザレクトに関して言えば、戦闘中は対象外、キャンプ中は対象、という意味の分からない挙動をする。

拳マスタリー

■スキルレベルによる変化

Lv拳攻撃力習得可能なスキル
2.06
  • 気功拳
2.08 
2.10
  • 壊炎拳
2.12 
2.14 
2.16 
2.18 
2.20
  • カウンターI
  • カウンターII
2.22 
102.24
  • 暗黒拳

●スキル解説

  • 拳スキルの習得に必要。
  • 拳(素手)の時の攻撃力がアップする常時発動型スキル。

●一言メモ

 他の武器マスタリーはスキルレベルを上げても通常攻撃の威力しか上がらないが、拳マスタリーは拳(素手状態の時)の攻撃力そのものが上がるので、拳スキルの威力も上がる。

気功拳【拳専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
麻痺
成功率
1.26
1.31
1.34
1.37
1.45
1.50
1.55
1.60
101.65
101.70

●スキル解説

  • 敵1体に壊攻撃するスキル。一定確率で対象に麻痺を付着する。

●上表の与ダメージ倍率について

 上表の与ダメージ倍率は、通常攻撃時のダメージを1として算出しています。また、検証時の拳マスタリーのスキルレベルは10で統一しています。

●一言メモ


壊炎拳【拳専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
攻撃回数
0.652回
0.70
2〜3回
0.74
0.78
112〜4回
120.82
130.88
140.91
10162〜5回

●スキル解説

  • 敵全体をランダムに複数回の壊+炎属性攻撃するスキル。攻撃回数はスキルレベルによる。
  • 同じ敵に複数回ヒットすることもある。

●上表の与ダメージ倍率について

 上表の与ダメージ倍率は、通常攻撃時のダメージを1として算出しています。また、検証時の拳マスタリーのスキルレベルは10で統一しています。

●一言メモ

 Lv.10の場合、2回ヒットで通常攻撃時の1.8倍、5回ヒットで4.5倍。

暗黒拳【拳専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP消費HP与ダメージ
倍率
呪い
成功率
1320%
〜25%
1.18
141.23
151.28
161.31
171.35
191.45
211.55
231.65
251.80
10271.90

●スキル解説

  • HPを消費して敵全体に壊攻撃するスキル。一定確率で対象に呪いを付着する。
  • HP消費量は一定ではない。

●上表の与ダメージ倍率について

 上表の与ダメージ倍率は、通常攻撃時のダメージを1として算出しています。また、検証時の拳マスタリーのスキルレベルは10で統一しています。

●一言メモ

 唯一の呪い付着効果を持つスキル。

 「行者の功徳」と組み合わせることにより、減少したHPを即座に回復できる。

カウンターI【腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
1.80
2.00
2.10
2.30
2.50
2.70
2.85
3.05
3.20
103.40

●スキル解説

  • 物理攻撃に対して壊攻撃で反撃するスキル。
  • 敵の攻撃をかわした場合、反撃しない。

●上表の与ダメージ倍率について

 上表の与ダメージ倍率は、通常攻撃時のダメージを1として算出しています。また、検証時の拳マスタリーのスキルレベルは10で統一しています。

●一言メモ

 結構な威力で反撃できるスキル。
 列攻撃や全体攻撃といった範囲攻撃を仕掛けてくる敵相手には使いやすい。その反面、単体攻撃主体の敵を相手には使いづらい。

 単体攻撃主体の敵相手にこのスキルを使うのであれば、シノビの「忍法 招鳥」でモンクの狙われ率を上げるなどのサポートが欲しい。

カウンターII【腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
1.80
2.00
2.10
2.30
2.50
2.70
2.85
3.05
3.20
103.40

●スキル解説

  • 属性攻撃に対して壊攻撃で反撃するスキル。
  • 敵の攻撃をかわした場合、反撃しない。

●上表の与ダメージ倍率について

 上表の与ダメージ倍率は、通常攻撃時のダメージを1として算出しています。また、検証時の拳マスタリーのスキルレベルは10で統一しています。

●一言メモ

 カウンターIの対属性攻撃版。

ヒーリング【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTPHP回復量
の目安
比率
411.00
441.07
471.15
501.22
531.29
561.37
10591.44
11611.49
12641.56
1013701.71

●スキル解説

  • 味方1人のHPを回復するスキル。
  • TEC値を上げると回復量も増える。
  • キャンプ中の回復量は固定だが、戦闘中の回復量は可変。

●上表の回復量の目安について

  • 上表の回復量は、モンク Lv.15、TEC値:22、錬気の法は未習得、キャンプ時に使用した場合の回復量です。

●一言メモ

 基本のHP回復スキル。ヒーリング単体では回復量が足りないので、固有スキル「錬気の法」を強化して回復量をアップしたい。

 TEC値の影響力が大きい。
 例えば、ヒーリング Lv.10を使用した場合、TEC値:18だと回復量 55。これに知恵のピアス(TEC+3)を3個装備してTEC値:27にすると、回復量は97とほぼ倍になる。

ラインヒール【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTPHP回復量
の目安
比率
10351.00
11381.09
12411.17
13441.26
15471.34
17501.43
19531.51
21561.60
23591.69
1025641.83

■HP回復量が同等になるスキルレベル

ラインヒールヒーリング
ライン Lv.3ヒーリング Lv.1
ライン Lv.4ヒーリング Lv.2
ライン Lv.5ヒーリング Lv.3
ライン Lv.6ヒーリング Lv.4
ライン Lv.7ヒーリング Lv.5
ライン Lv.8ヒーリング Lv.6
ライン Lv.9ヒーリング Lv.7
ライン Lv.10ヒーリング Lv.9

●スキル解説

  • 味方一列のHPを回復するスキル。

●上表の回復量の目安について

  • 上表の回復量は、モンク Lv.15、TEC値:22、錬気の法は未習得、キャンプ時に使用した場合の回復量です。

●一言メモ

 一列単位でHPを回復できる便利なスキル。
 第一階層から列単位で攻撃してくる敵が出現するので、早い段階で習得しておくと助かる。

パーティーヒール【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTPHP回復量
の目安
比率
18291.00
19321.10
21351.21
23381.31
25411.41
27441.52
29471.62
31501.72
33531.83
1035592.03

■HP回復量が同等になるスキルレベル

パーティーヒールラインヒールヒーリング
パーティー Lv.3ライン Lv.1-
パーティー Lv.4ライン Lv.2-
パーティー Lv.5ライン Lv.3ヒーリング Lv.1
パーティー Lv.6ライン Lv.4ヒーリング Lv.2
パーティー Lv.7ライン Lv.5ヒーリング Lv.3
パーティー Lv.8ライン Lv.6ヒーリング Lv.4
パーティー Lv.9ライン Lv.7ヒーリング Lv.5
パーティー Lv.10ライン Lv.9ヒーリング Lv.7

●スキル解説

  • 味方全体のHPを回復するスキル。

●上表の回復量の目安について

  • 上表の回復量は、モンク Lv.15、TEC値:22、錬気の法は未習得、キャンプ時に使用した場合の回復量です。

●一言メモ

 味方全体のHPをまとめて回復できる便利なスキル。
 全体攻撃を使ってくる敵は第二階層から出現するが、第二階層で習得するには消費TPの面で厳しい。(厳しかった) 習得するのは第三階層に入ってからで遅くないと思う。

 同じ回復量で比較した場合、ラインヒールで前列と後列を1回ずつ回復した時の消費TPとパーティーヒールで全体を回復した時の消費TPの差は、わずか1。

フルヒーリング【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTP
34
30
26
22
18

●スキル解説

  • 味方1人のHPを全回復するスキル。

●一言メモ


リフレッシュ【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTP対象
味方1人
10味方一列
16味方全体
14
12
1010

●スキル解説

  • 味方に付着した状態異常を全て回復する。効果対象は、スキルレベルによる。

●一言メモ

 第一階層の終盤から早くも列単位で状態異常を仕掛けてくる敵が出現するので、リフレッシュ Lv.4以上を覚えておくと助けになる。

バインドリカバリ【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTP対象
味方1人
10味方一列
16味方全体
14
12
1010

●スキル解説

  • 味方に付着した封じを全て解除する。効果対象は、スキルレベルによる。

●一言メモ


リザレクト【頭技】

■スキルレベルによる変化

LvTPHP回復量
151
1610
1720
1840
1960
20100
21150
22200
23250
1024全回復

●スキル解説

  • 味方1人の戦闘不能を回復する。
  • 蘇生後のHP回復量は、スキルレベルごとに固定。
  • 【重要】キャンプ中は「錬気の法」の対象になるが、戦闘中は「錬気の法」の対象外となる。(バグ?)

●一言メモ

 世界樹1・2とは異なり、蘇生後のHP回復量が決まっているので、どこまで強化すればいいのか決めやすい。

チャクラの覚醒

■スキルレベルによる変化

Lv回復率
10

●スキル解説

  • 自身に付着した封じや状態異常が自然回復する確率を上昇させる常時発動型スキル。

●一言メモ


行者の利益

■スキルレベルによる変化

LvHP回復量
10
20
30
40
50
60
70
80
90
10100

●スキル解説

  • 自分が戦闘不能になった時に味方全体のHPを回復する常時発動型スキル。
  • 回復量はスキルレベルごとに固定。
  • 発動するのは、一度の戦闘につき一回だけ。
  • 「錬気の法」による回復量アップの対象外。

●一言メモ


血返しの法

■スキルレベルによる変化

LvTP回復量
8
10
12
14
16
18
1020

●スキル解説

  • 味方が戦闘不能になった時に自分のTPが回復する常時発動型スキル。
  • 回復量はスキルレベルごとに固定。
  • このスキルの「味方」には、シノビの分身や囮、ビーストキングが召喚したビーストも含まれる。

●一言メモ

 味方がやられた時に、このスキルでTPを回復し、そのTPを用いてリザレクトで蘇生する、という流れを作りたい。

行者の功徳

■スキルレベルによる変化

LvHP回復量
20
25
30
35
40
50
60
70
80
1090

●スキル解説

  • 戦闘中にスキルを使うと自分のHPが回復する常時発動型スキル。
  • 回復量はスキルレベルごとに固定。
  • 「錬気の法」による回復量アップの対象外。

●一言メモ

 スキルを使うだけでHPが回復する便利なスキル。
 自身のHPを消費して使用する自傷スキルとの相性が良く、自傷スキルで減ったHPをこのスキル効果ですぐに回復できる。

火渡りの行

■スキルレベルによる変化

LvTPダメージ
減少率
有効歩数
20%減30歩
40%減40歩
60%減50歩
70%減60歩
90%減80歩

●スキル解説

  • ダメージ床から受けるダメージを減少するスキル。

●一言メモ

 ダメージ床は第三階層から登場する。
 第三階層のダメージ床で受けるダメージは10。火渡りの行 Lv.5ならこれを1ダメージまで減らせる。
 受けるダメージを0にしたい、ダメージ床のエフェクトが煩わしい、という場合は、ファーマーの「アメニモマケズ」を使おう。

参考:モンクの育成

■育成方針

●第一階層探索時

 最初に「ヒーリング Lv.1」と「錬気の法 Lv.2」を習得。武器は鎚を装備し、拳スキルの習得は一旦おいておく。

 まずは、回復スキルの回復量を上げるために「錬気の法」をLv.4まで強化し、その後で「ラインヒール」習得に向けてヒーリングを強化していくと良い。

 ラインヒール を習得したら、次は「リフレッシュ Lv.4」を習得する。列単位で毒や盲目、混乱を回復できるので、覚えておくと鹿FOE戦やボス戦で重宝する。

●第二階層探索時

 第二階層探索時では列単位で状態異常や封じの解除をしたい場面が出てくるので、リフレッシュ Lv.4以上、バインドリカバリ Lv.4以上を習得すると良い。
 HP回復スキルは、錬気の法 Lv.10であれば、ヒーリング Lv.4とラインヒール Lv.1で間に合う。

●第三階層探索時

 回復スキルの対象を味方全体にしないと間に合わなくなってきた。
 HP回復スキルは「パーティーヒール Lv.1」を新たに習得し、リフレッシュやバインドリカバリは Lv.7以上にしたい。リザレクトも蘇生後のHP回復量を増やすためにLv.6以上にしたいところ。

 これは全クラス共通だが、そろそろHPとTPが増えてきたので、HPブーストとTPブーストをLv.1にすると良い。特に前列に配置するキャラは、HPブーストを強化しておきたい。

参考:モンクのサブクラスを考える

■サブクラス考

●前列に出すのは怖い

 ゲームが進むにつれ、HPも防御力も低いモンクを前列に出しておくのは怖くなってくる。

●戦闘中に暇を持て余す

 忙しい時は忙しいが、暇を持て余している時間の方が長い。
 遠隔武器のマスタリーを習得して後列から攻撃参加できるようにするか、補助スキルを覚えさせてサポート役としての役割を持たせるか。

●拳スキルは他のクラスで

 拳スキルを使いたいなら、メインをウォリアー、サブをモンクにした方が良い。モンクよりも高いHPと攻撃力を得られる。
 どうしてもモンクで拳スキルを使いたいなら、シノビの潜伏などで回避率を上げないとやってられない。

■サブ:プリンス/セス

 「庇護の号令」を習得してHP自動回復手段を手に入れるのも悪くない。「庇護の号令」は、固有スキル「錬気の法」の対象なので、本職が使うよりも3倍近い回復量を得られる。

 各種号令スキルやリニューライフなどの補助スキルを覚えさせ、サポート役としての役割を持たせるのも良い。

■サブ:ウォリアー

 回復役であるモンクが行動不能で動けないとピンチに陥るため、「無我の境地」で状態異常の付着を防ぐのは有効。
 ウルフハウルで敵の防御力アップを打ち消すサポートもできる。

 拳モンクであれば、チャージの習得も視野に入る。

■サブ:ファランクス

 後列から槍で攻撃したいなら槍マスタリーを習得する。

■サブ:パイレーツ

 後列から銃で攻撃したいなら銃マスタリーを習得する。

■サブ:シノビ

 分身することで1人が動けなくても(戦闘不能になっても)もう1人が行動できれば立て直せる。

 拳モンクを使うのであれば、「潜伏」や「忍法 雲隠」で回避率を上げたいところ。

■サブ:ゾディアック

 モンクはTEC値が高いので、星術スキルをそこそこ扱える。ただし、覚えるのは単体属性攻撃スキルだけで良い。全体属性攻撃スキルはバリスタのバラージの方がダメージが出る。

■サブ:ビーストキング

 手が空いている時に「ビーストロア」や「ドラミング」などの弱体スキルによるサポートが可能になる。

■サブ:バリスタ

 後列から弩で攻撃したいなら弩マスタリーを習得する。

■サブ:ファーマー

 キャンプマスターをはじめとした探索スキル習得で探索を楽にできる。
 ただ、回復モンク+ファーマーの組み合わせは、戦闘中に暇を持て余す。

■サブ:ショーグン


■サブ:アンドロ

 アンドロをサブクラスに設定することはできない。

クラス解説

Copyright (C) 2023- Privespa All Rights Reserved.