Index

バリスタについて

■解説

●バリスタについて

 弩による後列からの突攻撃に特化した遠隔攻撃クラス。特殊な矢を用いて敵全体に属性攻撃を仕掛けることもできる。

●装備可能な武器

 弩、短剣、本を装備可能。

●装備可能な防具

 軽装鎧、衣服、頭防具、腕防具、脚防具を装備可能。

■ステータス評価(仮)

HPTPSTRTECVITAGILUC

バリスタのスキル一覧

■クラス固有スキル

ジャイアントキル
最大LvLv.10
効果
  • HPが大幅に高い相手への物理攻撃力が上昇する
習得条件
  • なし
補足説明

■マスタリー

弩マスタリー
最大LvLv.10
効果
  • 弩スキルの習得
  • 弩による通常攻撃ダメージが増加する
習得条件
  • なし
補足説明

■弩スキル

ヘビーショット
最大LvLv.10
効果
  • 敵1体に突攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.1
補足説明
スナイプI
最大LvLv.10
効果
  • ターンの最後に状態異常の敵に突攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.2
補足説明
スナイプII
最大LvLv.10
効果
  • ターンの最後に封じ状態の敵に突攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.2
補足説明
ランダムショット
最大LvLv.10
効果
  • 敵複数体に突攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.3
補足説明
ファイアバラージ
最大LvLv.10
効果
  • 敵全体に突+炎属性攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.5
補足説明
アイスバラージ
最大LvLv.10
効果
  • 敵全体に突+氷属性攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.5
補足説明
サンダーバラージ
最大LvLv.10
効果
  • 敵全体に突+雷属性攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.5
補足説明
高速徹甲弾
最大LvLv.10
効果
  • 敵1体に突攻撃
    ※敵の強化を無視する
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.7
補足説明
レインフォール
最大LvLv.5
効果
  • 使用した次のターンに敵全体に突攻撃
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.10
補足説明
前陣迫撃砲術
最大LvLv.10
効果
  • 敵1体に突攻撃
    ※前列時に威力アップ
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.1
    • ヘビーショット Lv.5
補足説明

■補助スキル

照明弾
最大LvLv.5
効果
  • 味方全体の命中率を上昇させる(3ターン)
習得条件
  • なし
補足説明
発煙弾
最大LvLv.5
効果
  • 敵全体に盲目を付着
習得条件
  • なし
補足説明

■パッシブスキル

正射必中
最大LvLv.5
効果
  • スキルの命中率を上昇させる
習得条件
  • なし
補足説明
エクステンド
最大LvLv.10
効果
  • 敵を倒した時に自分のHPが回復する
習得条件
  • 正射必中 Lv.3
補足説明
ナイトビジョン
最大LvLv.10
効果
  • 夜間限定で通常攻撃のクリティカル発生率が上昇する
習得条件
  • 照明弾 Lv.3
  • 発煙弾 Lv.3
補足説明
ダブルアクション
最大LvLv.10
効果
  • 単体攻撃スキルのヒット数が増える
習得条件
  • 弩マスタリー Lv.7
    • ヘビーショット Lv.5
      • 前陣迫撃砲術 Lv.4
    • 高速徹甲弾 Lv.4
補足説明

■探索スキル

アンブッシュ
最大LvLv.5
効果
  • 先制率を上昇させる
習得条件
  • なし
補足説明

ジャイアントキル【クラス固有】

■スキルレベルによる変化

Lv与ダメージ
倍率
1.20
1.23
1.26
1.29
1.32
1.38
1.41
1.44
1.47
101.50

●スキル解説

  • HPが大幅に高い相手への物理攻撃力が上昇する常時発動型スキル。
  • このスキルで比較されるのは、現HP量。最大HP量ではない。
  • 敵のHP量が自分のHP量の2倍以上ある時に発動する。
    敵のHP残量が減り、自身のHP残量の2倍未満になると発動しなくなる。

●一言メモ

 主にHP値が多いFOEやボスと戦う時に輝くスキル。バリスタの最大HP値が低めなこともあり、通常戦闘でも発動する相手はそこそこいる。

 サブクラス解禁後は、自身のHPを消費する自傷スキルと組み合わせることで発動対象を増やすことができる。

弩マスタリー

■スキルレベルによる変化

Lv与ダメージ
倍率
習得可能なスキル
1.01
  • ヘビーショット
  • 前陣迫撃砲術
1.02
  • スナイプI
  • スナイプII
1.03
  • ランダムショット
1.04 
1.05
  • ファイアバラージ
  • アイスバラージ
  • サンダーバラージ
1.06 
1.07
  • 高速徹甲弾
1.08 
1.09 
101.10
  • レインフォール

●スキル解説

  • 弩スキルの習得に必要。
  • 弩による通常攻撃ダメージが増加する常時発動型スキル。

●一言メモ

 スキル説明文にある通り、このスキルで上昇するのは弩による通常攻撃ダメージのみ。弩スキルのダメージは増加しない。

●サブクラス解禁後

 弩マスタリー Lv.1を習得することで弩を装備可能になる。

ヘビーショット【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
1.26
1.29
1.33
1.35
1.37
1.40
1.43
1.47
1.52
101.55

●スキル解説

  • 敵1体に突攻撃するスキル。

●一言メモ

 基本の弩スキル。

スナイプI【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
1.35
1.40
1.50
1.55
1.60
1.70
1.80
1.90
2.00
102.15

●スキル解説

  • ターンの最後に状態異常が付いている敵全てに突攻撃するスキル。
  • ターンの最後に状態異常が付いている敵がいない場合は、構えを解いて終わる。

●一言メモ

 通常戦闘では、ビーストキングの毒アゲハや催眠梟、シノビの含針や撒菱といった敵複数体に状態異常を付けられるスキルと組み合わせて使うのが効果的。
 ただ、この手の前提条件付きの攻撃スキル全般に言えることだが、普通に殴った方が手っ取り早い。
 仮に習得するにしてもLv.1で良いんじゃないかな。

 FOE戦では状態異常がなかなか付着しないのでイマイチ。

スナイプII【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
1.35
1.40
1.50
1.55
1.60
1.70
1.80
1.90
2.00
102.15

●スキル解説

  • ターンの最後に封じが付いている敵全てに突攻撃するスキル。
  • ターンの最後に封じが付いている敵がいない場合は、構えを解いて終わる。

●一言メモ

 通常戦闘で使うならファーマーの不思議な種と組み合わせるのが良いと思う。ただ、通常戦闘ならスナイプIの方がまだ使いやすい。

ランダムショット【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
攻撃回数
0.902〜3回
0.91
0.94
100.972〜4回
111.00
121.03
131.052〜5回
141.07
151.10
10161.133〜5回

●スキル解説

  • 敵複数体に斬攻撃するスキル。攻撃回数はスキルレベルによる。

●補足

 ゲーム内の説明文だと攻撃対象は「敵全体ランダム」となっているが、他のシリーズに表記を合わせるなら「敵複数体」。同じ敵に攻撃が複数回ヒットすることはない。

●一言メモ

 バラージと比べて燃費がいいわけでもないし、使い勝手の良いバラージを習得すれば良いと思う。

属性バラージ3種【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
0.70
0.75
0.80
0.85
100.90
110.95
121.00
131.05
141.10
10151.15

●スキル解説

  • ファイアバラージ
    • 敵全体に突+炎属性で攻撃する。
  • アイスバラージ
    • 敵全体に突+氷属性で攻撃する。
  • サンダーバラージ
    • 敵全体に突+雷属性で攻撃する。

●一言メモ

 突攻撃に耐性を持つ敵が相手でも有効打を与えられるスキル。全体攻撃スキルのわりに消費TPが抑えられているのが魅力。

高速徹甲弾【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
111.50
1.55
121.60
1.65
131.70
1.75
141.80
1.85
151.90
101.95

●スキル解説

  • 敵1体に突攻撃するスキル。この攻撃は、敵の強化を無視する。

●一言メモ

 ヘビーショットの上位版スキル。敵の防御力アップ強化を無視してダメージを与えられる。

レインフォール【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ
倍率
141.25
161.45
181.70
202.05
222.20

●スキル解説

  • 使用した次のターンに敵全体に突攻撃するスキル。
  • 着弾するのは、次のターンの最後。
  • 過去作の「サジタリウスの矢」とは異なり、連続で使用可能。

●一言メモ


前陣迫撃砲術【弩専用・腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP与ダメージ倍率
後列前列
0.692.04
12 2.07
15 2.17
18 2.27
21 2.40
24 2.60
27 2.80
30 3.00
33 3.15
10360.773.40

●スキル解説

  • 敵1体に突攻撃するスキル。自分が前列にいる時は威力が上昇する。

●一言メモ

 前列で使わないと何の意味もないスキル。耐久力がないバリスタを前列に配置して使うにはリスクが大きいので、前衛向けクラスがサブクラスでこのスキルを習得して使うのが良さそう。

照明弾【腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP命中率
↑↑
10↑↑

●スキル解説

  • 味方全体の命中率を上昇させる強化スキル。
  • 強化枠を1つ使用し、効果は3ターン継続する。

●一言メモ


発煙弾【腕技】

■スキルレベルによる変化

LvTP盲目
成功率
10

●スキル解説

  • 敵全体に盲目を付着させるスキル。

●一言メモ


正射必中

■スキルレベルによる変化

Lv命中率
↑↑

●スキル解説

  • スキルの命中率を上昇させる常時発動型スキル。

●一言メモ

 バリスタの必須スキル。正射必中 Lv.5にすると目に見えて攻撃が外れる回数が減る。

エクステンド

■スキルレベルによる変化

LvHP回復量
10
20
30
40
50
60
70
80
90
10100

●スキル解説

  • 敵を倒した時に自分のHPが回復する常時発動型スキル。
  • HP回復量は、スキルレベルごとに固定。ただし、クリティカル発生時に敵を倒すとHP回復量が1.5倍になる。
  • 敵を複数体まとめて倒した場合、倒した敵の数だけ回復する。

●一言メモ


ナイトビジョン

■スキルレベルによる変化

Lv発生率
10

●スキル解説

  • 夜間限定で通常攻撃のクリティカル発生率が上昇する常時発動型スキル。

●一言メモ


ダブルアクション

■スキルレベルによる変化

Lv発動率
(推定)
10%
10

●スキル解説

  • 単体攻撃スキルのヒット数が増える常時発動型スキル。

●上表の発動率について

 上表の発動率(推定)は、通常攻撃 100回中何回発動したかを調べたものです。参考程度に。
 スキルポイント不足でLv.10の発動率は調査できていません。ただ、他のスキルと同じなら30%程度だと思われます。

●一言メモ

 スキル発動を知らせるメッセージはなく、ダメージが2回続けてポンポンと表示される。

 スキル習得に21ポイント、スキルレベルMAXにするのに30ポイント必要。
 バリスタが高速徹甲弾や前陣迫撃砲術を習得するついでに習得するならともかく、他のクラスがサブクラスでこのスキルを習得するだけの価値があるかと問われると微妙。

アンブッシュ

■スキルレベルによる変化

LvTP先制率有効歩数
40歩
45歩
50歩
55歩
1060歩

●スキル解説

  • 先制率を上昇させるスキル。

●一言メモ


参考:バリスタの育成

■育成方針

●第一階層探索時

 最初に「弩マスタリー」「ヘビーショット」「ジャイアントキル」を習得したら、引き続き「ジャイアントキル」をLv.10まで強化する。
 バリスタは、とにかく最大TP値が低いので、攻撃スキルを使うとあっというまにTPが空になる。そのため、強敵相手に通常攻撃でも大きいダメージを与えられるようにジャイアントキルを優先して強化した方が良い。

 ジャイアントキルをLv.10まで上げた後は、「サンダーバラージ」を習得したい。地下4階の戦闘や交易都市バタビアの大航海クエストで活躍する。

●第二階層探索時

 属性攻撃手段が欲しいので「ファイアバラージ」「アイスバラージ」「サンダーバラージ」の3つを習得する。スキルレベルは2でOK。

●第三階層探索時

 バリスタのスキルとしては三属性バラージが使えれば十分。

 これは全クラス共通だが、そろそろHPとTPが増えてきたので、HPブーストとTPブーストをLv.1にすると良い。特に前列に配置するキャラは、HPブーストを強化しておきたい。

参考:バリスタのサブクラスを考える

■サブクラス考

●長所を伸ばす

 バリスタの魅力は、なんといっても攻撃力の高さ。これを伸ばしたい。

 候補は、ウォリアーとゾディアックの2クラス。
 ウォリアーは、「チャージ」による弩スキル全般のダメージ増加が期待できる。また、「狂戦士の誓い」による攻撃力アップ&HP減少でジャイアントキルの対象を増やすことができる。
 バラージを多用するならゾディアック。「特異点定理」による弱点ダメージアップがバラージと相性が良い。また、「エーテル圧縮」でバラージの属性ダメージを増幅できる。

●すぐにやられる(1)

 バリスタを使っていてどうにかしたいのが耐久力のなさ。特に属性攻撃は下手すると一発でやられる。
 物理ダメージは、盾マスタリーで多少は減らせる。属性ダメージ対策は、強いて挙げればファランクスの「マテリアルパリィ」ぐらいか。

●すぐにやられる(2)

 発動率がどんなもんか把握しきれていないが、やられたら生き返れば良いじゃないってことでファーマーの「五分の魂」を習得する。

●すぐにやられる(3)

 メインをウォリアーやパイレーツにしてサブをバリスタにする。固有スキル「ジャイアントキル」を捨てることになるが、やられるよりマシだろう。
 ウォリアーなら固有スキル「常在戦場」の効果でダメージをそれほど落とさずに済む。パイレーツなら固有スキル「トリックスター」の効果で攻撃スキルを気軽に使える。

■サブ:プリンス/セス

 後列職なので「ロイヤルベール」を発動させやすいってぐらい。

■サブ:ウォリアー

 「狂戦士の誓い」や「チャージ」により、バリスタの強みである火力をさらに高めることができる。

■サブ:ファランクス

 バリスタの弱点である耐久力のなさを「盾マスタリー」「パリィ」「マテリアルパリィ」でカバーする。ただ、過剰な期待は禁物。

■サブ:パイレーツ

 特になし。

■サブ:シノビ

 特になし。
 ただでさえTPが少ないバリスタが分身すると攻撃スキルを使うTPが残らない。

■サブ:モンク

 バリスタは戦闘不能になる頻度が高いので「行者の利益」を覚えておくのも良い。バリスタがやられるたびにパーティー全体のHPが回復する。

■サブ:ゾディアック

 バリスタは、バラージスキルで攻撃属性を使い分けられるので「特異点定理」を発動させやすい。これにジャイアントキルの効果が乗れば、バラージの威力は最大2.25倍になる。「エーテル圧縮」を使えばさらにダメージアップ!
 特異点定理とエーテル圧縮を習得するなら、ついでにその先にある「リターンエーテル」を習得し、敵撃破時にTPを回復できるようにしたい。TP不足問題が少しは解消されるかも。

■サブ:ビーストキング

 特になし。
 「ビーストロア」や「ドラミング」といった弱体スキルは、消費TPが多いため、バリスタが扱うには厳しい。ビースト召喚も同様。

■サブ:ファーマー

 バリスタは戦闘不能に陥ることが多いので、「五分の魂」で自動復活できる体制を作るのも良い。

■サブ:ショーグン


■サブ:アンドロ

 アンドロをサブクラスに設定することはできない。

クラス解説

Copyright (C) 2023- Privespa All Rights Reserved.